2018.03.29

日本のサッカーファンに届けたい現場の“声” ~武藤嘉紀編~

ロシアW杯について武藤嘉紀が胸に秘める思いとは…
サッカー総合情報サイト

 サッカーキング編集部が取材現場で聞いた印象的な“台詞”を紹介する連載企画。第6回は、武藤嘉紀がロシアW杯について語った一言を紹介!

 日本代表がロシアW杯を想定して挑んだ欧州遠征、マリ、ウクライナとの2連戦は1分1敗に終わった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、本戦メンバー発表について「5月30日にガーナ戦を控えている。本戦に臨むメンバーを発表するのはその後、おそらくガーナ戦が終わったあとの31日になると思う」と話している。果たして誰が選出されるのか――。そんな期待と同時に不安の声が上がる。「ロシアW杯は大丈夫か?」と。

 今季はリーグ戦7ゴール、マインツの武藤嘉紀はブンデスリーガでプレーする日本人選手の中で、最も多くゴールを挙げている。さらに、持ち前のスピードやアジリティーの強さを活かしたプレーは、ゴール数以上のインパクトを感じさせる。しかし、欧州遠征のメンバー発表時、ハリルホジッチ監督は「得点力重視」を口にしながら、武藤は落選となった。

「『これが最後だ』という気持ちです」

昨年7月、武藤はロシアW杯についてそう語った。

 2022年カタールW杯開催時は29歳、さらに4年後は33歳、ロシアW杯出場を逃しても年齢的にはチャンスがあると言えるだろう。しかし、武藤は「これだけ大きなチャンスが目の前にあって、それを獲らない手はない」と話した。「“次”を意識するのはピッチ外の人たちで、選手たちは必死に“今”を戦っている」――、そう教えられた気がした。

 今回の落選を引きずることはできない。本戦メンバー発表前、残りのテストマッチは5月のガーナ戦のみ。武藤はドイツからロシアのピッチを目指す。“ラストチャンス”を胸に秘め。

(2017年7月掲載)武藤嘉紀が胸に秘める“ラストチャンス”…新シーズンは覚悟とともに

(2017年6月掲載)「エゴイストにならないといけない」…武藤嘉紀が手にした成長と課題

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る