2017.05.05

江南南サッカー少年団、チビリンピック初出場で初優勝

JA全農杯チビリンピック2017小学生8人制サッカー大会を制した江南南サッカー少年団
サッカー総合情報サイト

 JA全農杯チビリンピック2017小学生8人制サッカー大会の決勝が、「こどもの日」の5月5日に日産スタジアムで行われた。JA全農杯チビリンピックは、小学生年代における“春の全国タイトル”として知られ、地域予選を勝ち抜いた全10チームが出場。3、4日に1次ラウンドが、5日に準決勝、決勝が行われた。

 Aグループは、4戦全勝の横浜F・マリノスプライマリー(関東代表1)で1位、SSS FC(中国代表)が2勝2分けで2位通過。Bグループは江南南サッカー少年団(関東代表2)とサガン鳥栖U12(九州代表)が2勝2分けで並んだが、得失点差で江南南サッカー少年団が首位突破を決めた。

 日産フィールド小机で行われた準決勝ではサガン鳥栖U12が横浜F・マリノスプライマリーに、江南南サッカー少年団がSSS FCに勝利して決勝の舞台、日産スタジアムに駒を進めた。

 午後1時25分にキックオフを迎えた決勝戦、第1ピリオド7分にサガン鳥栖U12が先制する。江南南サッカー少年団は、第2ピリオド2分に川原良介が直接FK、第3ピリオド8分に木村建貴がゴールネットを揺らして逆転勝ち。初出場で“春の全国タイトル”を手にした。

▼Aグループ
1位 横浜F・マリノスプライマリー/関東代表1(4勝0分0敗 得失点差17)
2位 SSS FC/中国代表(2勝1分1敗 得失点差4)
3位 エスピーダ旭川/北海道代表(2勝1分1敗 得失点差1)
4位 FCフェルボール愛知/東海代表(0勝1分3敗 得失点差-11)
5位 田宮ビクトリーサッカー少年団/四国代表(0勝1分3敗 得失点差-11)

田宮ビクトリーサッカー少年団 0-3 SSS FC
田宮ビクトリーサッカー少年団 1-5 エスピーダ旭川
田宮ビクトリーサッカー少年団 0-4 横浜F・マリノスプライマリー
田宮ビクトリーサッカー少年団 2-2 FCフェルボール愛知
SSS FC 2-2 北海道代表 エスピーダ旭川
SSS FC 0-2 横浜F・マリノスプライマリー
SSS FC 4-1 FCフェルボール愛知
エスピーダ旭川 0-4 横浜F・マリノスプライマリー
エスピーダ旭川 3-2 FCフェルボール愛知
横浜F・マリノスプライマリー 8-1 FCフェルボール愛知

▼Bグループ
1位 江南南サッカー少年団/関東代表2(2勝分0敗 得失点差13)
2位 サガン鳥栖U12/九州代表(2勝分0敗 得失点差7)
3位 青森FC U12/東北代表(1勝2分1敗 得失点差1)
4位 松本山雅FC/北信越代表(0勝2分2敗 得失点差-9)
5位 ディアブロッサ高田FC/関西代表(0勝2分2敗 得失点差-12)

松本山雅FC 1-1 ディアブロッサ高田FC
松本山雅FC 0-5 サガン鳥栖U12
松本山雅FC 0-4 江南南サッカー少年団
松本山雅FC 1-1 青森FC U12
ディアブロッサ高田FC 2-2 サガン鳥栖U12
ディアブロッサ高田FC 1-10 江南南サッカー少年団
ディアブロッサ高田FC 0-3 青森FC U12
サガン鳥栖U12 3-3 江南南サッカー少年団
サガン鳥栖U12 2-0 青森FC U12
江南南サッカー少年団 0-0 青森FC U12

▼準決勝
横浜F・マリノスプライマリー 0-1 サガン鳥栖U12
江南南サッカー少年団 4-2 SSS FC

▼決勝
江南南サッカー少年団 2-1 サガン鳥栖U12

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
49pt
C大阪
45pt
川崎F
45pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
60pt
福岡
55pt
名古屋
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
沼津
35pt
富山
35pt
Jリーグ順位をもっと見る