2017.02.23

AbemaTVがサッカーチャンネル開設、欧州強豪9クラブの全試合を無料放送

サッカー総合情報サイト

 インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、2017年3月1日(水)より、新たに「サッカーチャンネル」を開設することを発表した。

「AbemaTV」の「SPORTSチャンネル」では、2016年4月11日(月)の開局以来、サッカー、野球、ゴルフ、格闘技など様々なスポーツを放送。スポーツをいつでも楽しむことができる専用チャンネルとして、2016年7月には「格闘チャンネル」、2017年1月には「ゴルフチャンネル」を開設していた。サッカーは「UEFA EURO 2016」や、本田圭佑が実質のオーナーを務める「SVホルン」の試合を放送している。

 こうした背景を受け、新チャンネルとしてサッカーを24時間視聴できる「サッカーチャンネル」の開設に至ったという。すでに、リーガ・エスパニョーラの「バルセロナ」、プレミアリーグの「マンチェスター・シティ」「マンチェスター・ユナイテッド」、ブンデスリーガの「バイエルン」「ドルトムント」、セリエAの「ラツィオ」「ローマ」「ユヴェントス」、エアステリーガの「SVホルン」という欧州を代表する世界トップクラスの有名サッカークラブ9チームの全試合をすべて無料で放送することが決定している。

「サッカーチャンネル」では、最新の試合映像を1日平均1、2試合を放送。加えて、厳選した過去試合を含め、24時間365日無料でサッカーの映像を楽しめる編成となっているという。

 さらに、「サッカーチャンネル」では、2017年3月18日(土)から20日(月)にかけて開催する「第22回全日本フットサル選手権大会」決勝ラウンド全8試合を生中継するほか、2017年6月に開幕する日本フットサルリーグ「Fリーグ2017/2018」も放送が決定している。

「AbemaTV」は、ニュースやバラエティなど約70のオリジナルレギュラー生放送番組をはじめ、ドラマや音楽、スポーツ、アニメなど多彩なジャンルのコンテンツを揃えた約30チャンネルを、登録不要、24時間すべて無料で放送。アプリのダウンロード数が2017年1月時点で1300万を突破するなど利用者を伸ばしている。また、「AbemaTV」では、「Google Cast」、「Amazon Fire TV」、「Apple TV(第4世代)」、「Android TV」などのテレビデバイスへの対応もしており、サッカーチャンネルでの放送をスマートフォンやPC、タブレットだけではなく、大きなテレビ画面でも視聴することができる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る