2016.05.17

埼玉代表“Team Oh My God”がネイマール主催大会に出場決定…7月9日ブラジルで開催

日本決勝を制したTeam Oh My God [写真]=Hiroyuki Orihara/Red Bull Content Pool
サッカー総合情報サイト

 エナジードリンク・ブランドのレッドブルは、レッドブル・アスリートのネイマールのアイディアとサッカー哲学に基づいた16歳~25歳のアマチュア・サッカープレーヤー向けの世界大会『ネイマール・ジュニア・ファイブ』を7月9日(土)にブラジルで開催。35カ国で開催予定の国別予選のうち、日本大会の決勝が5月14日(土)に名古屋市で行われた。

 3月5日(土)~4月24日(日)に全国13カ所で行われた地区予選を勝ち抜いた13チームが出場し、埼玉代表のTeam Oh My Godが優勝。7月9日(土)にブラジル・サンパウロ郊外にあるネイマールが所有するスタジアム「ネイマールJr教育センター」で開催する世界大会への切符を手にした。

 Team Oh My Godのメンバーは「埼玉予選も当初は勝てないだろうと思っていたのですが、こうして優勝して自分たちが驚いています」と喜びを明かすと「勝因はチーム力だと思います。1試合1試合毎に修正点を綿密に確認していたので、予選1試合目と決勝では、決勝の方が良いサッカーをしたと思います」と大会を振り返った。

「僕らは全員ルーツが相手を崩すサッカーだし、ずっとパスサッカーをやってきました。だからブラジルでも相手を崩して勝ちたいです。折角ブラジルに行くので、ストリートでも砂浜でも、ボールで会話するみたいなことをして、ブラジルを肌で感じてみたいです」と世界大会への意気込みを語っている。

 ネイマール・ジュニア・ファイブは、16歳~25歳のアマチュア選手を対象にしたGK無しの5対5で行う10分間のサッカーゲーム。フットサルと異なり、片方のチームが得点するたびに、失点したチームの選手が1名退場する。10分の間、最初から最後までベストパフォーマンスを発揮し、相手より多く選手がフィールドに残っているチームが勝利となる。

 今回地区予選を勝ち上がった13チームは、決勝の予選として4ブロックに分かれて総当戦を実施。予選全15試合のうち4試合でプレーヤー全員がコートからいなくなる試合が発生するなど、ネイマール・ジュニア・ファイブのルールが反映された白熱の戦いが繰り広げられた。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る