2015.09.11

2ndステージ首位を走る鹿島がG大阪と激突…昨季王者との大一番で“常勝軍団”の真価が問われる

2ndステージ首位を走る鹿島 [写真]=Getty Images

 2ndステージ優勝を懸けた分水嶺となる一戦であろう。鹿島アントラーズはここまで7勝1分1敗の勝ち点22で2ndステージ首位に立つ。しかも、トニーニョ・セレーゾ前監督を解任し、石井正忠監督が就任して以降、リーグ戦は6連勝中。リーグ戦中断期間は、日本代表に選出されたMF柴崎岳を欠いたが、ナビスコ杯準々決勝のFC東京戦2試合、天皇杯2回戦のFC琉球戦を2勝1分で乗り切り、公式戦9試合負けなしとした。

 好調を維持している鹿島だが、ここからが正念場。リーグ戦5連勝を飾った8月22日のJ1・2nd第8節モンテディオ山形戦後、石井監督は「これからが勝負」と後半戦を見据えた。トニーニョ・セレーゾ前監督との起用選手の違い、さらには8月12日のJ1・2nd第6節サンフレッチェ広島戦からは、これまで採用していた「4-2-3-1」から伝統の「4-4-2」にシステムを変更するなど、“改革”を断行してきたが、「そのカンフル剤の効果もここまで」という意味合いのある発言でもあろう。試合をこなすほど、対戦相手に分析する材料を与える。連勝を伸ばせば警戒もされる。山形戦の翌節に対戦した川崎フロンターレは、中心選手だったMFレナトが退団し、ドイツ2部のボーフムから復帰したMF田坂祐介も負傷離脱していた。川崎が2連敗中と調子を落としていたことも含め、対戦するタイミングが良かったという見方もできる。そういう意味でも、ガンバ大阪戦からが本当の勝負だとも言える。

 モチベーションは高い。勝てば3年ぶりのリーグタイトルとなる2ndステージ優勝に大きく近づくのはもちろんだが、クラブとして最も重要視している年間順位において、G大阪が鹿島より一つ上の4位に位置しているからだ。G大阪との勝ち点差はわずか「3」で、得失点差は「1」。順位がひっくり返る可能性もある。クラブが最低限の目標に掲げるのは、ACL出場権が獲得できる3位以内でのフィニッシュ。その3位につけるFC東京との勝ち点差は「6」。逆転可能な勝ち点差の一つの指標として、「残り試合数×1」という式が一般的に用いられるが、通例に従えば十分に追い抜ける距離だと言える。否が応にも気持ちは高まるだろう。

 G大阪とのリーグ戦対戦成績は25勝8分16敗、ホーム戦では13勝4分7敗と相性は悪くない。石井監督が常々言うのは「目の前の戦いに集中すること」。日本代表選手4人を抱える相手を上回れば、さらなる自信も手に入るはずだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る