2017.11.06

「“チャレンジ精神”を持ってスポーツ界をさらに盛り上げたい」フロムワン営業本部 松本大輔

サッカー総合情報サイト

『サッカーキング』を運営する株式会社フロムワンで働く社員に、入社理由や担当する仕事内容、やりがいやこだわりなどを聞きました。第一線で活躍する「人」を通して、フロムワンで働くことの魅力についてご紹介します。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「企業や読者のためになること」を一緒に考えてみませんか?

――フロムワンに入る前はどんなことをしていましたか?
もともと本が好きだったので書店でアルバイトをしていたんですが、「本に携わる仕事がしたい」という気持ちが強くなり、出版社に入社しました。雑誌の企業広告や編集タイアップ記事を営業し、クライアントに買っていただく、といった仕事です。前職は制作も兼ねている会社だったので、企業パンフレットの作成などの提案もしていました。ガーデニングやライフスタイルといったジャンルで、スポーツとは全くつながりがありませんでしたね。

――フロムワンに入ろうと思ったきっかけを教えてください。
書店、出版社と経験してきたので、昔から好きだったサッカーに関わりながら本に携わることができる企業で働いてみたいと思ったんです。いくつかの候補の中でフロムワンはいろいろな事業展開をしていました。例えばクラブのマッチデープログラムを作ったり、この業界ではいち早くウェブサイトを作ったり、セルジオ越後さんをマネジメントしていたり。フットワークが軽く、いろいろなことをすぐに始めていく企業なので、ここに入れば何でもチャレンジできるのではないかと思いました。

――現在は主にどんな仕事をしていますか?
スポーツに関わる企業のプロモーションにつながる企画を提案し、それを実現させる、という仕事です。前職でも経験した広告営業がメインになりますが、基本的には仕事を選ばず何でもやっています。ウェブサイト『サッカーキング』やフットサルコートの『キャプテン翼スタジアム』、動画番組『サッカーキング ハーフ・タイム』などを使って、その企業とサッカーファンがつながることを企画・提案し、実行する。基本的に「企業や読者のためになること」を考える毎日です。その根本には、「人と関わることが好き」ということがあるのかもしれません。

――本がお好きということですが、書きたい、編集したいとは思いませんでしたか?
思いましたね(笑)。ゆくゆくは営業も編集も全部経験できたらいいなと思っています。営業も編集みたいなことができたほうがいいし、逆もしかりです。そのほうが仕事の幅も広がるし、クライアントと話す時の説得力が生まれるので。「これしかできない」と限界を決めてしまうと、個人はもちろん、会社としても“戦闘能力”が下がってしまうのではないかと思います。

――特に印象に残っている仕事を教えてください。
フロムワンに入ってすぐ、クラブワールドカップのプロモーションに携わりました。チケットの販売数を増やすのが最大の目的だったんですが、それに加えて日本中の人に“世界一を決める大会への期待感を持ってもらう”というのが狙いでした。さらに試合当日には、会場でフロムワンが制作した公式プログラムの販売も行いました。企画と進行管理、販売と一連の仕事をこなしていくなかで、「オレ、すごいサッカーに関わってるな」って感じたことをよく憶えていますね。もう一つ、ゲーム会社のプロモーションとして、あるサッカーゲームアプリの魅力を伝える仕事がありました。その時は雑誌、ウェブ、動画と、フロムワンが持っているものをすべて使ったんです。さまざまな媒体やたくさんの人と関わりながら企画を実現できたので、とても楽しかったですね。

――日々心がけていることはありますか?
今、僕は自分の好きなことに携わっています。でも、仕事は趣味ではありません。そこは履き違えないようにしています。みんなスポーツが好きでフロムワンに入ってきてはいるのですが、あまりにも自分の感情を表に出したり、舞い上がったりせず、ビジネスから離れてしまわないように気をつけています。

――個人的に目標としていることはありますか?
近年はウェブ媒体が情報発信ツールの主流になっていますが、無料で閲覧できる情報には価値が見出されにくいという部分もあります。個人的には、もともと書店で働いていたということもあるので、企業を巻き込みながら“紙メディアが存在感を発揮できる企画”にチャレンジしたいですね。

「チャレンジ精神」を持って、スポーツ界をさらに盛り上げましょう!

――フロムワンにはどんな社風があると思いますか?
……「挑戦」、ですかね。これは僕がフロムワンに入ろうと思った決め手でもあるので。みんな新しいことをしようとしていますし、これまでになかったものをいち早く始めるという社風があると思います。「こういうものがあるといいね」みたいな立ち話程度のものが意外と大きな企画になることがあるので、部署を越えていろんな人と会話をすることが大事だと思っています。改まった場でないほうがいいアイデアが出てきたりしますし、人と話すと自分の引き出しがどんどん増えていく。新しいことに挑戦したいという気持ちはみんな同じなので、そういうアイデアを会社全体で共有しながら次につなげていくんです。

――どんな人と一緒に働きたいですか?
やはり、挑戦することに対してポジティブな人ですね。実現可能なのかどうかよりも、スポーツファンや企業のために前向きに話せるかどうかが大切です。「やってやろう!」という推進力を持っている人と一緒に働きたいですね。

採用情報

・雇用形態
正社員または契約社員

・業務内容
自社メディアの広告営業を中心に、各事業部と連携しながらイベントやセミナーの企画、制作物の請負などあらゆるリソースを駆使して営業活動を行う企画営業に携わっていただきます。
担当するクライアントは、スポーツメーカー、放送局、ゲーム会社、スポーツショップから、スポーツチーム、スポーツ団体、それらのスポンサー企業まで多岐にわたります。広告代理店やメディアレップを通じて提案を行うこともあります。

フロムワン企画営業職募集の詳細はこちら

写真=兼子愼一郎

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る