2015.08.12

決定機を生かせるかが勝負の分かれ目に…木曽フットボールクラブがEXILE CUP 2015北信越大会の頂点に立つ

01_IMG_5988

 8月1日(土)、小学4年生から6年生が対象のフットサル大会「EXILE CUP2015」の北信越大会が開催された。会場の石川県小松市こまつドームに、わずか一枠の北信越代表を目指す36チームが集まった。「EXILE CUP」が石川県で開催されるのは今大会が初めてとなる。クラブチームや少年団に所属する子どもたちは、暑さに負けず意気揚々と乗り込んだ。

 開会式には劇団EXILEの秋山真太郎さんや歌手の塩ノ谷早耶香さんが駆けつけた。秋山真太郎さんは自らの高校時代、大久保嘉人(川崎フロンターレ)と試合で対戦したエピソードを披露した。興味深く聞き入る子どもたちへ秋山さんは「まっすぐにボールを追いかける人になってほしい」と話した。

 その後、EXILE CUP恒例の「EXダンス体操」でウォーミングアップを行い、試合に向けて体をほぐした。おなじみの「Choo Choo TRAIN」には和田愼司小松市長も加わるなど、大いに盛り上がった。

02_49T4839

 大会は4チームずつ、AからIの9つのブロックに分かれての予選リーグからスタート。予選から強さをいかんなく発揮したチームはいくつもあった。福井県のサンライズAは2桁得点2試合を含む3勝、得失点差+29でBブロックを首位通過。Dブロックでは新潟県のReiz長岡FCが10-0、20-0、7-0の大量得点かつ、無失点と圧倒的な強さを見せつけた。激戦となったEブロックからは波松FCスポーツ少年団と与板ジュニアサッカー団が決勝トーナメントへの切符を手にした。

 大会関係者が「石川県の最有力チーム」と太鼓判を押したFC.TONジュニア。予選リーグで2勝と健闘したものの、得失点差で2位チームの中の上位に入れず、惜しくも予選敗退となった。

 予選リーグでは、力の差が大きいクラブ同士の対戦もあったが、この大会では劣勢を強いられるチームも最後までボールを追い続けた。圧倒的にリードするチームも決して気を緩めることなく、貪欲にゴールを狙うなど、会場の至るところに清々しいスポーツマンシップが感じられた。そんな選手たちに2階席の保護者たちが熱い声援を送る。

 ドーム型の会場に熱気がこもり選手たちのコンディションも心配されたが、見応えのある試合が繰り広げられた。そして大会は各グループ1位の9チームと、2位のうち成績上位7チームで争われる決勝トーナメントへ進む。組み合わせ抽選会は何とも言えない緊張感に包まれた。

 決勝トーナメントの左の山を勝ち上がったのは長野県の木曽フットボールクラブ。1回戦は波松FCスポーツ少年団を4-1で破った。準々決勝は金沢南Aに先制を許したが、ここから木曽フットボールクラブは反撃を開始。前半のうちに1点を返し、後半に同点弾、逆転弾を叩き込み、終わってみれば3-1で勝利。勢いそのままに準決勝で津幡に9-0の圧勝。決勝へと駒を進めた。

 トーナメントの右の山で強さを発揮したのがReiz長岡FC。1回戦と準々決勝とも6-0で勝利。迎えた準決勝はサンライズAから8点を奪い、効果的なディフェンスも相まって相手に得点を許さない。1回戦から準決勝までを無失点で切り抜けた。攻撃では選手個々のプレーの予測、判断の的確さが際立った。相手からボールを奪ったとき、自分で仕掛けるのか、それともシンプルに周りを使うのか。いい判断がベースの流れるような攻撃に、どのチームも手を焼いた。ハーフタイムに監督が選手の正面にしゃがみ込み、子供と目線を合わせて指示を出す姿が印象的だった。

03_49T5866

 木曽フットボールクラブとReiz長岡FCが全国大会出場を懸け、決勝トーナメントで対戦。放ったシュートが相手GKに当たりReiz長岡FCがゴールを奪う。開始から1分経たないうちに先制に成功し、その直後にも決定的な場面を演出したが決めきれず。すると3分、木曽フットボールクラブが同点に追いつく。その後両チームとも1点ずつ追加しハーフタイムを迎えた。後半、木曽フットボールクラブに点を奪われ、苦しくなったReiz長岡FCは、前線に起点を作ろうと試みたがゴールネットを揺らすことはできなかった。最後の笛が鳴るまで、高い集中力とアップダウンを欠かさなかった木曽フットボールクラブが優勝を果たした。

 木曽フットボールクラブの佐藤哲監督は「バーモンドカップで全国大会へ出場できなかったが、こうやって全国の舞台で戦えることになりうれしい。本大会でも一戦一戦、戦っていきたい」と話した。決勝戦について「子どもたちは6試合目で疲れもあった」と振り返ったが、予選リーグから熱いコーチングでチームを統率した。

 また、決勝戦で2ゴールを挙げた鈴木諒君は「決勝戦で2点決めることができて良かった。全国大会の相手は強いので、パスで崩して優勝したい」と早くも先を見据える。ハイレベルな北信越大会を制した木曽フットボールクラブ。愛媛県で行われる決勝大会での躍進を期待したい。

EXILE CUP 2015 公式HP