置かれた環境で悩むすべての人へ 干されてもがき、信念を貫いた元日本代表の言葉

[サムライサッカーキング 7月号掲載]

2002年日韓W杯。当時赤いモヒカン頭で一躍注目を集め、日本の中盤に君臨した戸田和幸は、今、シンガポールでプレーしている。日韓W杯後、トッテナム(イングランド)をはじめ国内外のクラブを渡り歩き、2012シーズンは地元でもあるFC町田ゼルビアに所属した。しかし、そこで待ち受けていたのは、想像を絶するような、苦しい一年だった。「確執」と呼べるほどフェアなものではない。しかしそこから目を逸らさず、真正面から自分と向き合った。あの時胸に去来したものとは。そして、新天地シンガポールで見い出した希望とは──。
toda-1
インタビュー・文 = 岩本義弘
写真 = 足立雅史


冷遇された中でも腐らずに過ごした一年


──まずは、シンガポールのウォリアーズFCに移籍することになった経緯ということで、昨シーズンのFC町田ゼルビア所属時のお話からお聞きしたいと思います。町田は戸田選手の地元でもあり、ここをキャリアの最後のチームにしようという意気込みで移籍したわけですよね。
  
戸田 それぐらいの気持ちでやると決めていました。自分を育ててもらったクラブのトップチームですからね。移籍以前はケガで苦しんでいましたが、町田のグラウンドは人工芝だったものの、自分でも驚くぐらいイメージどおりにプレーできました。
 
──ところが(オズワルド)アルディレス監督の下、ほとんど出場機会が与えられることはありませんでした。
 
戸田 そうですね。ただ、そういう形になって、なおかつJFLに降格してしまった時も、逆に今こそ僕がやらなくてはいけないのかな、とも思っていました。出場機会が与えられない一年を過ごしても、自分がやらなくてはいけないという気持ちになりましたし、昨年10月の時点で既に、シンガポールからの話もあったんです。しかし町田のことを考えるとすぐに返事はできなかった。単純にオファーをもらって契約しただけのチームなら、そこまで頑張れたかも分からないですし、すぐに退団していたかもしれません。そう考えると、自分の地元のクラブだということは大きかったです。
  
──出場機会がない中で、想像を絶するような葛藤があったと思います。しかし、戸田選手はシーズンを終えるまで、契約が切れるまで、それを表に出すことはありませんでした。
 
戸田 出せなかったですね。最後までチームの助けになりたいと思っていましたし、明らかにチームに足りないものがあって、僕にはそれが見えていました。でも、結局、あのような形で終わってしまいました。言い方は正しいか分からないですが、僕はサッカーだけで生きてきて、この世界も長いです。最初に入ったチーム(清水エスパルス)が素晴らしくて、プロとは何たるかをすべて教えてもらい、成功体験もたくさんありました。その後はそうではない体験もたくさんあり、自分の中に多くの引き出しができました。「こういうふうになるとチームはこうなる」とか、勝つチームには勝つチームなりの条件があり、勝てないチームにも理由があります。それらを照らし合わせると、昨シーズンの町田はいろいろな意味で難しかったです。だから僕がいる意味がある、という話をされて町田に行ったというのもありました。
 
──戸田選手が契約した後にアルディレス監督が来た、という順番の違いも大きく影響したと感じます。通常ならば、監督を決めてから編成をするものですが、昨シーズンの町田はそうではなかった。
 
戸田 決まらなかったんでしょうね。でも、物事は見方によって全然異なり、そうであったとしても、昨シーズン一年間プレーしたからこそ今があります。先に監督が決まっていて、僕を必要とされていなかったら、僕のキャリアはそこで終わっていたかもしれないですし。苦しい一年であっても、自分なりに目標を立てました。もちろん、アルディレス監督が来るという時点で、相当厳しいとは思っていました。実際に、キャンプ中でも1分も出番をもらえず、キャンプが終わった段階で、事実上の構想外だと言われていますから。でも、僕はチームに迷惑をかけたくありませんでした。ですから毎日の練習では、違う自分を演じてでもネガティブな態度は出さないように心掛けていました。そういう意味では、選手としての能力とは別かもしれませんが、精神的な部分ではかなり鍛えられたかもしれません。
 
最新号表紙

SAMURAI SOCCER KING
日本代表“優勝”への課題

  • ▼W杯までにしなければいけないこと10のこと
  • ▼酒井高徳「日本代表は自分にとって高い位置にある」
  • ▼コンフェデ杯をシミュレートする
  • ▼ザックジャパンに入り込む余地はないのか?
  • ▼柴崎岳「熱く、冷静に見据える未来」
  • ▼戸田和幸「信念を貫く生き様」
定価:780円(税込) >>詳しい内容はこちら
Football Plazaで購入 amazonで購入

関連するおすすめ記事

この記事へのコメント ※コメントの反映までに数分時間がかかりますコメント機能について

コメントを投稿する ※コメントの反映までに数分時間がかかります

  • 001
  • 2013-07-10 18:14:08
  • ID:vvUNQYoGr
マジ泣ける
  • +77
  • -6
  • 002
  • 2013-07-10 23:32:28
  • ID:CK81I6Mgp
すごくいい記事だな
  • +86
  • -4
  • 003
  • 2013-07-11 09:47:04
  • ID:3VpG39JSM
同じ年齢だ!
俺も頑張るぞ!
  • +20
  • -4


フォトギャラリー

サッカー番組表

編集部おすすめRecommend


最新ニュース 記事一覧

注目コラム・インタビュー 記事一覧

最新の結果日程・結果へ

  • J1
  • J2
  • ENG
  • GER
  • ESP
  • ITA
新潟0-0広島
甲府2-0名古屋
浦和1-0川崎
F東京2-0C大阪
G大阪2-1大宮
鹿島2-3神戸
0-0横浜M
仙台0-3鳥栖
徳島0-4清水
岡山0-3北九州
水戸1-1東京V
山形1-2熊本
磐田2-2横浜FC
讃岐1-1福岡
湘南4-0大分
札幌1-0群馬
岐阜1-3栃木
富山1-1千葉
松本2-2京都
長崎2-1愛媛
エヴァートン2-0マンチェスター・U
ハル0-3アーセナル
ノリッジ2-3リヴァプール
チェルシー1-2サンダーランド
アストン・ヴィラ0-0サウサンプトン
ウェストハム0-1クリスタルパレス
ニューカッスル1-2スウォンジー
カーディフ1-1ストーク
シュトゥットガルト3-1シャルケ
ニュルンベルク1-4レヴァークーゼン
ハンブルガーSV1-3ヴォルフスブルク
ブラウンシュヴァイク0-2バイエルン
ブレーメン3-1ホッフェンハイム
フライブルク4-2ボルシアMG
アウクスブルク0-0ヘルタ・ベルリン
ドルトムント4-2マインツ
バルセロナ2-1ビルバオ
セビージャ4-0グラナダ
ラージョ3-1ベティス
アルメリア2-4セルタ
レアル・ソシエダ2-1エスパニョール
レバンテ0-0ヘタフェ
オサスナ1-1バレンシア
A・マドリード2-0エルチェ
フィオレンティーナ0-1ローマ
ユヴェントス1-0ボローニャ
ラツィオ3-3トリノ
ジェノア1-2カリアリ
アタランタ1-2ヴェローナ
パルマ0-2インテル
ウディネーゼ1-1ナポリ
キエーヴォ0-1サッスオーロ

好評発売中!


イベント

PR情報

サムライサッカーキング最新号
サムライサッカーキング

サムライサッカーキング
4・5月号 4月12日(土)発売
遠藤保仁 141試合の理由

800円
(税込)
ご注文はこちら
ワールドサッカーキング
ワールドサッカーキング

ワールドサッカーキング
4月12日(土)発売
アーセナルを大特集!!

880円
(税込)
ご注文はこちら
Jリーグサッカーキング
Jリーグサッカーキング

Jリーグサッカーキング
5月号 3月24日(月)発売
REBORN GRAMPUS

802円
(税込)
ご注文はこちら
サッカーゲームキング
サッカーゲームキング

サッカーゲームキング
vol.27 3月24日(月)発売
古畑奈和さんの表紙が目印です!

1,008円
(税込)
ご注文はこちら
浦和レッズマガジン
浦和レッズマガジン

浦和レッズマガジン
5月号 4月12日(土)発売
再出発を誓う

800円
(税込)
ご注文はこちら
サッカー選手の言葉から学ぶ成功の思考法 2014

サッカー選手の言葉から学ぶ成功の思考法 2014

4月18日(金)発売

1,300円
(税別)
ご注文はこちら
ビッグ・ハート 道を切り拓くメンタルの力

ビッグ・ハート 道を切り拓くメンタルの力

3月31日(月)発売

1,300円
(税別)
ご注文はこちら
shogi

情熱を貫く 亡き父との、不屈のサッカー人生
大久保嘉人 著

3月7日(金)発売

1400円
(税別)
ご注文はこちら

ページのトップへ戻る