EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.01.02

前回王者の星稜、後半の2発で逆転勝利…玉野光南は初戦で散る

seiryo
前半、競り合う玉野光南GK栗尾(左)と星稜FW大倉(右) [写真]=鷹羽康博
高校世代を中心とした育成年代サッカー総合情報サイト

 第94回全国高校サッカー選手権大会の2回戦が2日に行われ、石川県代表の星稜と岡山県代表の玉野光南が対戦した。

 前回大会は開幕直前に不慮の事故で入院してしまった河崎護監督を欠きながら、大会初優勝を飾った星稜は連覇の懸かる初戦。一方の玉野光南は岡山県予選決勝での作陽との一戦で、延長戦後半アディショナルタイムに決めた土居晃貴のスーパーゴールが世界で話題に。注目の一戦となった。

 試合は序盤、玉野光南が押し込むと13分に先制点が生まれる。左サイドのCKが逆サイドへ流れると、拾った岩本大輝が折り返す。中央へのハイボールに有吉亮稀が高い打点のヘディングで合わせてネットを揺らした。

 玉野光南はサイドや星稜DFライン裏へのロングボールを中心に押し込む。星稜はなかなかチャンスを作れず、前半の終盤になるにつれてペースをつかんだが、玉野光南が1点リードで折り返す。

 後半開始からペースを掴んだのは星稜。45分にペナルティーエリア内右から大倉尚勲がシュートするも左ポストをヒット。しかし2分後には同点とする。左CKを獲得すると大橋滉平が送ったボールを中央で片山浩が押し込んだ。

 その後も大橋からの展開を中心に優位に進める星稜は73分、大橋が右サイドへパスを送ると根来悠太が低いクロス。加藤貴也がダイレクトでゴール右へ蹴り込んで逆転に成功する。これが決勝点となり、星稜が3回戦進出を決めた。

 勝利した星稜は3日に浦和駒場スタジアムで行われる3回戦で札幌大谷(北海道)と中京大中京(愛知)の勝者と対戦する。

【スコア】
星稜(石川) 2-1  玉野光南(岡山)

【得点者】
0-1 13分 有吉亮稀(玉野光南)
1-1 47分 片山浩(星稜)
2-1 73分 加藤貴也(星稜)

Pickup

Jリーグ順位ランキング

鹿島
39pt
川崎F
38pt
浦和
33pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
42pt
C大阪
40pt
松本
38pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
栃木
27pt
大分
26pt
Jリーグ順位をもっと見る