2016.02.13

41歳MFゼ・ロベルト、今季限りで引退「ほとんどの目標を達成した」

ゼ・ロベルト
現役引退を決断したゼ・ロベルト [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 11日、ブラジル1部リーグのパルメイラスに所属する元ブラジル代表MFゼ・ロベルトが会見に臨み、今季限りでの現役引退を表明した。同クラブ公式HPが伝えている。

 ゼ・ロベルトは現在41歳。ポルトゲーザでプロキャリアをスタートさせ、1997年にはレアル・マドリードに移籍した。フラメンゴ、レヴァークーゼンを経て2002年にバイエルンへ加入。ブンデスリーガを4回制覇するなど輝かしい実績を残した。2006年にサントスへ移籍後、翌2007年にバイエルンへ復帰。以降はハンブルガーSV、カタールのアル・ガラファ、グレミオに所属し、2015年からはかつて鹿島アントラーズの指揮官を務めたオズワルド・オリヴェイラ監督が率いるパルメイラスでプレーしている。

 同選手は「今年で最後にするよ。来年はもう少し家族との生活を楽しみたいからね。人生というのはゴールを設定することだと思う。僕はほとんどの目標を達成してきた」と発表。「昨年限りプレーをやめていれば、コパ・ド・ブラジル制覇の喜びの中で引退できて幸せだったと思うんだ。でも、僕のキャリアにいつも描いていた挑戦のため、もう1年続けることにした。コパ・リベルタドーレスはそれだけ大きなものなんだ」と明かした。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る