2016.01.23

開催国カタール、北朝鮮破り準決勝進出…24年ぶり五輪出場へ王手

DOHA, QATAR - JANUARY 22:   Qatar players celebrate victory as they progress to the semi finals after the AFC U-23 Championship quarter final match between Japan and Iran at the Abdullah Bin Khalifa Stadium on January 22, 2016 in Doha, Qatar.  (Photo by Matthew Ashton - AMA/Getty Images)
準決勝進出を喜ぶカタール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝が22日に行われ、U-23カタール代表とU-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表が対戦した。

 開催国のカタールは24年ぶり3度目の五輪出場を目指し、イラン、シリア、中国と同組のグループAを3戦全勝で終え、1位通過で決勝トーナメントに進出。対する北朝鮮は、日本と同組のグループBを未勝利ながら2位で通過した。

 試合は開始早々6分にカタールが先制に成功する。左サイドでボールを持ったアクラム・アフィフがスピードに乗ったドリブルでエリア内まで侵入すると、相手DFが思わず足を引っ掛けてしまい、PKの判定。アフィフ自らがキッカーを務め、冷静にゴール右に蹴り込んだ。

 1点のリードを許して後半を迎えた北朝鮮は、立て続けに選手交代をして同点を目指す。65分にユン・イルグァンに代えてソ・ジョンヒョク、87分にはキム・ヨンイルに代えてチャン・ヒョクを投入した。

 すると、後半アディショナルタイム2分、北朝鮮が待望の同点ゴールを挙げる。エリア外左でFKを得ると、これをソ・キョンジンが右足で直接シュート。ボールは鮮やかな軌道を描き、ゴール右上に吸い込まれた。後半はこのまま終了し、試合は前後半15分ずつの延長戦にもつれ込んだ。

 延長突入後、すぐに試合が動く。92分、中盤でボールを受けたアフマド・モエインが左サイドの裏へ浮き玉のパスを供給。走り込んでいたアフィフが相手DFを1人かわして左足で折り返すと、アリ・アサドが左足で直接合わせた。ゴール左に決まり、カタールが再度リードを奪う。

 同点に追いつきたい北朝鮮は、99分に3人目の交代カードを切る。前線のジャン・オクチョルに代えてリ・ヒョンジンを投入。しかし、このまま試合は終了し、カタールが2-1で北朝鮮を下し、準決勝に進出した。

 勝ち上がったカタールは、26日の準決勝で韓国対ヨルダンの勝者と対戦する。準決勝に勝利すればリオ五輪出場が決まる。

【スコア】
U-23カタール代表 2-1 U-23朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表

【得点者】
1-0 6分 アクラム・アフィフ(カタール)
1-1 90+2分 ソ・キョンジン(北朝鮮)
2-1 92分 アリ・アサド(カタール)

欧州順位ランキング

マンチェスターC
6pt
マンチェスターU
6pt
ハル
6pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ケルン
0pt
ホッフェンハイム
0pt
欧州順位をもっと見る
デポルティボ
4pt
バルセロナ
3pt
Rマドリード
3pt
欧州順位をもっと見る
ローマ
3pt
ジェノア
3pt
キエボ
3pt
欧州順位をもっと見る