EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.01.15

日本人初の快挙…MLS・トロントFCがMF遠藤翼をドラフト1位指名

遠藤翼
トロントFCからドラフト1位指名を受けたメリーランド州立大MF遠藤翼(左)(写真は2013年) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCは、14日に行われた2016 MLSスーパードラフトの1巡目でメリーランド州立大MF遠藤翼を指名した。同日、クラブ公式HPが発表した。日本人のMLSドラフト指名はDF木村光佑(現アトランタシルバーバックス)以来9年ぶりとなる。

 カナダからMLSに越境参加しているトロントFCに1巡目(全体の9番目)で指名された遠藤。本人も驚きを隠せなかったようで「信じられないです。2巡目、3巡目になるだろうと思っていました。なんて言っていいかわからないです。指名してくれたトロントFCに感謝したいです」と喜びを表した。

 現在22歳の遠藤はJFAアカデミー福島の第1期生で、12歳から18歳まで同アカデミーに在籍。海外研修プログラムを通じてメリーランド州立大の練習に参加し、同大への入学を決めた。留学当初は英語が得意ではなかったようで「(アメリカでの生活は)とてもタフでした。新しい環境、新しい人々、新しい文化に適応するのは簡単ではなかったです」と困難な挑戦だったという。

 それでも多くの人びとに支えられ、2年生時の2013年にはNCAA男子ディビジョンIサッカーチャンピオンシップ(全米選手権決勝)に出場。選手として成功を収め、ドラフト1位を勝ち取った。日本人初の1位指名という快挙に遠藤は「チームメイトやコーチのおかげで今の僕がいます」と感謝の言葉を口にした。

 トロントFCには昨シーズンのMLSでMVPと得点王を獲得したイタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコや、アメリカ代表MFマイケル・ブラッドリー、同FWジョジー・アルティドールらが所属する。トップクラスの選手たちとチームメイトになることについては「彼らに会って一緒にプレーするのが待ちきれないですし、彼らから多くのことを学びたいです」と興奮を隠せない様子で語った。

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る