2016.01.09

FC東京の権田、本田が保有のSVホルンへ期限付き移籍「一度は引退考えた」

権田修一
FC東京からSVホルンへの移籍が決まったGK権田修一 [写真]=瀬藤尚美
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑のマネジメント事務所であるHONDA ESTILO株式会社は9日、同社が経営権を持つSVホルン(オーストリア3部)が、FC東京からGK権田修一を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は1年間で2016年12月31日までとなる。権田は1月10日にホルン入りし、11日にはチームに合流する予定。

 権田は移籍に際し、移籍元のFC東京を通じて以下のようにコメントを残している。

「FC東京ファン・サポーターのみなさんへ。このたび、オーストリア3部のSVホルンに移籍することが決まりました。僕はFC東京の駒沢スクールに小学校3年生で入りました。約18年間、ずっとFC東京の恵まれた環境の中でプレーできたことで成長することができました。逆を言えば、僕はFC東京以外のチームを知りません。U-15からU-18、U-18からトップチームへ昇格して、進路を自分で決断することは一度もないサッカー人生を歩んできました。プロ生活10年目を迎えるこのタイミングで、サッカー人生で初めてチャレンジしてみたいと思い、今回の移籍を決断しました」

「昨年の7月にオーバートレーニング症候群と診断され、みなさんにはご心配をおかけしました。一度は引退する事も考えましたが、サッカーから離れてみたことで今はプレーしたい意欲が今まで以上に沸いています。この意欲を力に、欧州で一からサッカー人生を始めたいと思っています。今までたくさんの応援をありがとうございました。これからもサッカー選手・権田修一への応援をよろしくお願いします」

 現在26歳の権田は、FC東京ユース出身で、2007年にトップチーム昇格。2009年にデビューを果たすと、翌2010年1月には日本代表でも初出場を飾った。2015シーズンは、J1で開幕から22試合連続でフル出場した。だが、昨年7月29日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節のベガルタ仙台戦後に異変を訴えると、同8月に開催されたEAFF東アジアカップ2015に臨む日本代表に選出されていたが、コンディション不良を理由に参加を辞退。その後、オーバートレーニング症候群と診断され、仙台戦以降、欠場が続いたまま2015シーズンを終えていた。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位ランキング

神戸
12pt
FC東京
9pt
鹿島アントラーズ
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
10pt
横浜FC
10pt
東京V
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
長野
6pt
福島
6pt
富山
6pt
Jリーグ順位をもっと見る