2015.06.27

FIFAのブラッター会長が辞任撤回を明言、次期会長選も立候補か

ブラッター
辞任撤回を明言したFIFAのブラッター会長 [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)のゼップ・ブラッター会長が辞任を撤回する発言をした。イギリス紙『BBC』が26日付で報じている。

 5月29日にチューリッヒで行われたFIFA会長選で再選を果たしたゼップ・ブラッター会長。再選が決まった4日後の6月2日、ブラッター会長は会見で自らの辞意を表明していたとされていた。しかし、会長本人が辞任を決定していなかった旨を明らかにし、辞任撤回を明言している。

 同会長は、「私は(FIFA会長を)辞めていない。私の事務所はまだFIFAにある。私はFIFAの会員から意見を聞いているが、それは世界のサッカー界を代表する意見だとは思えない。だから通常とは異なる今回の選挙で、私は自ら規則を定めることにした。次の選挙までは自らの責務を全うしようと思っている」とFIFAの会合で語った模様だ。

 6月2日に行われた会見で、ブラッター会長は「(次期会長選で)私は立候補するべきではないだろう」と話していたものの、「辞める」や「辞職」といった言葉を使用していなかった。ブラッター会長は次期会長選でも再選のために立候補するとみられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る