2014.11.22

AFC初代殿堂入り10名に奥寺氏、澤、キューウェル氏らが選出

AFC殿堂入りを果たした奥寺氏(左)、澤(中央)、キューウェル氏(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 アジア・サッカー連盟(AFC)は21日、同連盟の殿堂入りを果たす10名を発表し、日本勢からは、元日本代表MF奥寺康彦氏、なでしこジャパンMF澤穂希が選ばれた。連盟公式HPが伝えている。

 AFCは、1954年に開かれたマニラ・アジア大会をきっかけに創立され、2014年で創立60周年を迎えた。これを記念して、大きな功績を残した10名の殿堂入りが決まった。

 選出された10名は以下の通り。

■AFC殿堂入り10名

▼ホマユーン・ベフザディ(イラン)

 1942年生まれの現在72歳で、ペルセポリスなどで活躍したストライカー。イラン代表として35試合で13得点を記録し、1968年、72年のアジアカップ制覇に貢献した。

▼ソ・チン・アウン(マレーシア)

 マレーシアを代表するサッカー選手の一人。セランゴールで10年間プレーし、345試合に出場した。またマレーシア代表としても最多キャップ数を誇り、“タウケイ”(ボスの意)の愛称で知られている。

▼奥寺康彦(日本)

 ブンデスリーガで約9年間実力を示し、UEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)では、アジア人として初めて得点をあげ、ドイツでは“東洋のコンピューター”と呼ばれていた。

▼スン・ウェン(中国)

 中国女子サッカーの先駆者的存在で、6度のアジア制覇、ワールドカップ準優勝などの功績を持つ。アトランタ・ビートでもプレーした経験を持つフォワード。

▼ホン・ミョンボ(韓国)

 韓国代表史上最多キャップ数を誇り、1990年のイタリア・ワールドカップから4大会連続で出場した。ベルマーレ平塚(当時)や柏レイソルで活躍し、Jリーグベストイレブン選出の経験を持つ。

▼アリ・ダエイ(イラン)

 イランスポーツ界の英雄として知られ、同代表として149試合109得点という世界記録を保有する。日本代表とも度々顔を合わせ、ワールドカップ予選で度々得点をあげていた。また、バイエルンなどドイツでもプレー経験を持っている。

▼サーミー・アル・ジャービル(サウジアラビア)

 1994年のアメリカ・ワールドカップから4大会連続でW杯に出場したサウジアラビアの英雄。同代表として156試合46ゴールの成績を残している。

▼バイチュン・ブティア(インド)

 インドのキャプテンとして100試合以上の代表戦に出場し、正確無比なシュートから“スナイパー”の愛称で親しまれた。

▼ハリー・キューウェル(オーストラリア)

 オーストラリア史上最高の選手とも称され、リーズ、リヴァプールなどで長きにわたって活躍した。04-05シーズンにはリヴァプールで欧州制覇も成し遂げている。

▼澤穂希(日本)

 アジア人史上初のFIFA最優秀選手賞を受賞し、女子日本代表として197試合82得点を記録。2011年にはドイツ・ワールドカップを制し、国民栄誉賞も受賞している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る