2018.07.09

英代表DF、ビデオ判定の守備への影響を否定「プレーは全く変わらない」

ストーンズ
イングランド代表DFストーンズが、VARについて言及した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシアで注目を浴びている存在の1つが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)だろう。PA内でのプレーなどでより慎重さが求められることとなっているが、イングランド代表DFジョン・ストーンズは、その影響を否定している。

 今大会では、VARによってPKが認められるシーンが多く見られる。守る側からすれば、接触プレーなどで厳しい判定を下される恐れが高まっているが、ストーンズは特別変わることはないとしている。

「ファウルでボールを奪ったりしたら見つかるよね。レーダーにさらされることになろうと、何も失われるものなどない。図々しいやつはいつでも変わったりしない。同じように、僕らのプレーも全く変わったりしない」

「僕らは信念と自分たちが練習したことを試合で出すだけだ。でも、ファウルを受けた時に見てもらえなかったとしてもVARでいつでも見直されるという考えは頭の片隅にある」

 ストーンズはこのように語り、VARによる守備への影響はないとした。攻撃時にはプラスに働くと考えており、好意的な印象を抱いている様子だ。

 イングランドは次戦、決勝進出を懸けて11日の準決勝でクロアチア代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る