2014.06.06

中田英寿氏が“電撃引退”の理由を初めて明かす「自分に嘘をついてまで続けたくなかった」

中田英寿
06年W杯ブラジル戦を最後に現役を引退した中田氏 [写真]=Getty Images

 日本代表をワールドカップ初出場に導き、1998年のフランス大会から2002年の日韓大会、2006年のドイツ大会まで3つのワールドカップ を戦った中田英寿氏が、2006年W杯のブラジル戦後に電撃引退した理由を初めて自分の口で語った。5月20日発売のワールドサッカーキング増刊 『俺たちが愛したワールドカップWORLD CUP CHRONICLE1986-2014』のインタビューの中で明かしている。

 引退の理由について当時けがと報じられていたことについては「全く関係ない」と否定。「僕にとってサッカーは人生であり、家族のようなものでもあります。楽しくてやっていたはずのサッカーを楽しめなくなってしまった。それが自分の人生に対する裏切りだと感じたんです。だから、自分に嘘をついてまで続けたくなかった」と本当の理由を明かした。

 また、2006年W杯のブラジル戦が現役最後の試合になったことについて後悔がないかと聞かれた中田氏は「個人的に、『こうプレーすれば良かった』と振り返ることはあっても後悔はない」ときっぱりと言い切っている。

欧州順位ランキング

マンチェスターC
9pt
チェルシー
9pt
マンチェスターU
9pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
3pt
ウォルフスブルク
3pt
ケルン
3pt
欧州順位をもっと見る
ラスパルマス
6pt
バルセロナ
6pt
Rマドリード
6pt
欧州順位をもっと見る
ジェノア
6pt
ユベントス
6pt
サンプドリア
6pt
欧州順位をもっと見る