2014.05.31

C・ロナウドW杯初戦欠場の可能性も…指揮官が示唆

C・ロナウド
負傷し心配されているポルトガル代表C・ロナウド [写真]=Getty Images

 2013-14シーズン終盤はケガで苦しんだレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのブラジル・ワールドカップ出場が危ぶまれている。

 C・ロナウドは左腿の筋肉に痛みがあると訴え、30日の練習に参加しなかった。また、31日に行われるギリシャとの親善試合も欠場する見込みとなっている。ポルトガル代表を率いるパウロ・ベント監督は、ワールドカップの初戦となる、16日のドイツ戦までには回復するだろうと見ているが、「あらゆることを想定しなければならない」とも語っている。

 同選手は29日にレアル・マドリードのチームメート、DFペペとDFファビオ・コエントロンと共に代表合宿に合流。しかし、ポルトガルのオビドスにあるホテルに籠っている。ベント監督によると、左足の腿に痛みがあったために、30日はホテルでリハビリをしていたと明かしており、「チームに帯同するが、31日の試合には出ない。どの選手に対しても、コンディションが整っていない時に、競い合わせるようなプレッシャーを与えたくない」と語っている。
 
 また、「期限を区切るようなことはしていない」と付け加え、「選手の健康状態を第一に考えている。ロナウドにはリスクを犯さずに、ベスト・コンディションに戻してほしいと思っている」とのコメントもしている。

 C・ロナウドは4-1でアトレティコ・マドリードを下したチャンピオンズリーグ決勝で120分間プレーをし、PKを決めている。しかし、シーズン終盤は、小さなけがに悩まされ続けていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る