2016.01.31

田中順也の獲得争いにオランダ勢も参戦か…ローダなど3クラブが興味

田中順也
2014年夏からスポルティングに所属するFW田中順也 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エールディヴィジ(オランダ1部)のローダが、スポルティングに所属するFW田中順也の獲得に興味を示していると、オランダ紙『テレグラフ』が30日に報じた。

 現在、リーグ戦13位につけるローダは、9日にアゼルバイジャンのカラバフからオランダ人FWライデル・ポエポンを獲得したばかりだが、まだストライカーの補強を狙っている模様。そこで、スポルティングから移籍を望んでいるとされる現在28歳の田中に白羽の矢が立ったようだ。

 また、同紙によると、同選手の獲得にはローダだけではなく、同じエールディヴィジのトゥウェンテとデ・フラーフスハップも関心を示しているという。

 なお、ドイツ誌『キッカー』は先日、田中が出場機会を求めて移籍を希望しており、ブンデスリーガ2部のFW宮市亮が所属するザンクトパウリとデュイスブルク、そして古巣の柏レイソルが獲得に興味を示していると報じていた。

欧州順位ランキング

チェルシー
60pt
マンチェスター・C
52pt
トッテナム
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
50pt
ライプツィヒ
45pt
ドルトムント
37pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
52pt
バルセロナ
51pt
セビージャ
49pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
63pt
ローマ
56pt
ナポリ
54pt
欧州順位をもっと見る