2016.03.20

任務は“サラー封じ”…守備で奮闘の長友「忍耐力を持って戦った」

長友佑都、サラー
サラー(左)とマッチアップした長友(右) [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第30節が19日に行われ、ローマと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦。インテルは53分、クロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチのゴールで先制したものの、84分にローマのベルギー代表MFラジャ・ナインゴランに同点ゴールを許して1-1で引き分けた。長友はフル出場を果たしている。

 試合後、長友がアウェーでの引き分けを振り返った。イタリアメディア『CalcioNews24』がコメントを伝えている。

 長友は「(ロベルト)マンチーニ監督から、(モハメド)サラーのマークをするように言われていたんです。注意して任務を遂行できるようにマネージメントしてくれました。相手を抑えるために、オーバーラップの回数を制限していました」と、守備に重きを置いて試合に臨んだことを明かした。

 そして「僕たちは大いなる犠牲心を持って、集中力と忍耐力を持ち続けて、最初の1分から戦いました。素晴らしい結果を得ることができたと思います」と、敵地での勝ち点1獲得に前向きな感想を語っていた。

 インテルは次節、4月3日にトリノとホームで対戦する。

欧州順位ランキング

マンチェスター・C
18pt
トッテナム
14pt
アーセナル
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
15pt
ドルトムント
12pt
ケルン
11pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
14pt
バルセロナ
13pt
アトレティコ・マドリード
12pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
14pt
インテル
11pt
欧州順位をもっと見る