2016.03.10

岡崎所属のレスター指揮官、来季から伊代表監督に?…ユーロ終了後に就任か

LONDON, ENGLAND - FEBRUARY 14 :  Claudio Ranieri manager of Leicester City with Shinji Okazaki of Leicester City during the Barclays Premier League match between Arsenal and Leicester City at the Emirates Stadium on February 14, 2016 in London, England.  (Photo by Catherine Ivill - AMA/Getty Images)
レスターのラニエリ監督(右)と岡崎慎司(左) [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督がイタリア代表監督の候補となっていることが明らかになった。9日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

 現在イタリア代表の監督を務めるのはアントニオ・コンテ氏。同氏は6月に開幕するユーロ2016を最後に退任すると見られている。また、チェルシーのオーナーであるロマン・アブラモヴィッチ氏とモナコで会談を行い、同クラブの指揮官就任に近付いているとも一部で報じられている。

 これを受けて、イタリアサッカー連盟(FIGC)は後任監督探しに着手。イギリス紙『ザ・サン』によると、FIGCの理想とする後任者は、プレミアリーグで快進撃を続けるレスターを率いるラニエリ監督だという。

 ラニエリ監督がFIGCの要請を受けた場合、代表監督を務めるのは2度目。2014年にギリシャ代表監督に就任したが、ユーロ2016予選での成績不振が原因で同年11月に退任していた。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る