2016.02.22

元伊代表ヴィエリ、指揮官と対立のトッティに忠告「去就は自分次第」

ヴィエリ、トッティ
イタリア代表でともにプレーしたヴィエリ氏とトッティ [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イタリア代表FWのクリスティアン・ヴィエリ氏が、ローマのルチアーノ・スパレッティ監督と対立している元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティにアドバイスを送った。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が21日に伝えている。

 ヴィエリ氏は友人のトッティにアメリカからアドバイスし、「もし現役を続けることを望み、調子が良いのであれば、現役を続ければ良い。もし、辞めたいのであれば辞めるべきだ。彼自身が決断しなければいけない。現役を続けたい者がいれば、辞めたい者もいる。彼はフィジカル面の調子が良いのだから、今後の去就については彼の決断次第だ」とコメント。トッティの去就について、同選手自身が決めるべきと忠告した。

 そしてヴィエリ氏は「重要なのは、彼に何をしなければならないかを命じないということだ。スパッレッティ監督はとても素晴らしい指揮官で、素晴らしい人物。これからうまくやっていくだろう。彼(トッティ)は彼自身の選択をしなければならない。フランチェスコは(今年9月で)40歳。現役続行を望んでおり、素晴らしいカンピオーネ(選手)だ。もしイタリア国外に行くことを望むのなら、行くべきだろう。そうでなければ、ローマで現役を終えるべきだ。彼がどんな決断をしたとしても、それは正しいものだろう」と続け、トッティがいかなる決断を行っても支持する構えを見せている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る