2016.02.04

ユヴェントスがクラブ新記録の13連勝…アクシデント続出も1点差勝ち

クアドラード
相手のオウンゴールを誘ったクアドラード [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第23節が3日に行われ、ユヴェントスとジェノアが対戦した。

 第11節から連勝を重ねて首位ナポリを追走するユヴェントスは、前節のキエーヴォ戦で4-0の大勝を収め、2013-14シーズンに記録したクラブ連勝記録の12に並んだ。今節も白星を挙げれば、クラブ新記録となる13連勝となる。一方、16位と低迷しているジェノアは、新加入のFWアレッシオ・チェルチを初めて先発で起用した。

 試合は序盤からユヴェントスがペースを握る。13分、最終ラインのレオナルド・ボヌッチが前線にタテパスを入れると、パウロ・ディバラが中盤で受けて前を向き、ドリブル突破を開始する。そのままエリア手前から強烈なミドルシュートを放ったが、ここはわずかに枠の右に外れた。

 一方、ジェノアも徐々に盛り返す。22分、エリア手前左でパスを受けたブレリム・ジェマイリが左足シュートを狙ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

 均衡が崩れたのは30分、右サイドでボールを持ったフアン・クアドラードが独特の間合いからドリブル突破を仕掛けると、相手DFをかわしてエリア内右に進入。中央へ折り返しのボールを入れると、これがセバスティアン・ドゥ・マイオのオウンゴールを誘い、ユヴェントスが先制に成功した。ユヴェントスは41分にパトリス・エヴラが負傷交代するアクシデントがあったが、1点のリードを保ったまま前半を終えた。

 後半立ち上がりの46分、ジェノアがチャンスを作る。中盤でボールを受けたチェルチがエリア手前左から左足で強烈なミドルシュート。しかし、ここはGKジャンルイジ・ブッフォンがなんとか弾き返した。

 ユヴェントスは54分にアルバロ・モラタを下げてシモーネ・ザザを投入。一方、ジェノアはチェルチに代えて同じく新戦力のスソを投入した。するとザザがいきなりチャンスを迎える。エリア手前でパスを受けると、GKと一対一になる。左足でゴール右下を狙ったが、ここはGKマッティア・ペリンがなんとか抑えた。

 その後も攻めこむユヴェントスはまたしても負傷により3枚の交代カードを使い切る。63分、マルティン・カセレスが右足首を負傷。ダニエレ・ルガーニが緊急投入された。

 後半アディショナルタイム1分、ユヴェントスはザザが後方からのタックルを行ったとして一発退場。10人での戦いを強いられたが、このままリードを守り切って1-0で勝利。クラブ新記録となるセリエA13連勝を飾った。

 次節、ユヴェントスは敵地でフロジノーネと、ジェノアはホームでラツィオと対戦する。

【スコア】
ユヴェントス 1-0 ジェノア

【得点者】
1-0 30分 オウンゴール(クリスティアン・ドゥ・マイオ)(ユヴェントス)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る