EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.03.05

バイエルンとの大一番を英紙も注目…ドルト香川、予想スタメン入り

香川真司
バイエルン戦に臨む香川真司 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 5日に行われるブンデスリーガ第25節で、日本代表MF香川真司が所属する2位ドルトムントと首位バイエルンが対戦する。勝ち点差「5」で迎える大一番を前に、イギリス紙『デイリーメール』が特集記事を掲載した。

 バイエルンは2日に開催されたブンデスリーガ第24節で、日本代表FW武藤嘉紀のマインツと対戦。1-2で敗れ、本拠地アリアンツ・アレーナでの今シーズンの公式戦初黒星を喫した。一方、2位ドルトムントはアウェーでダルムシュタットに2-0と快勝。バイエルンとドルトムントの勝ち点差は「5」に縮まった。

 ドルトムントが勝てば両チームの勝ち点差は「2」となり、優勝争いは激しさを増す。重要な意味を持つ大一番を前に、『デイリーメール』は勝敗を分けるポイントを紹介。ドルトムントがウインターブレイク明けのリーグ戦7試合で6勝1分けと好調を維持していることや、守備陣に負傷者が相次いでいるバイエルンがカウンター対策に不安を抱えている点を指摘した。

 また同紙は、バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキとドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが得点ランクのトップ2を占めていることに言及し、「両方のストライカーは、ヨーロッパで最高の攻撃的MFたちの前でプレーする贅沢さを享受している」と伝え、オーバメヤンについては「マルコ・ロイスとヘンリク・ムヒタリアン、香川真司との理解を深め、向上している」との寸評がつけられた。

 なお今回の記事には、両チームの予想先発メンバーも掲載。香川も名を連ねている。『デイリーメール』の予想先発メンバーは以下の通り。

■ドルトムント[4-2-3-1]
GK:ロマン・ビュルキ
DF:ウカシュ・ピシュチェク、スヴェン・ベンダー、マッツ・フンメルス、マルセル・シュメルツァー
MF:ユリアン・ヴァイグル、イルカイ・ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリアン、香川真司、マルコ・ロイス
FW:ピエール・エメリク・オーバメヤン

■バイエルン[4-1-4-1]
GK:マヌエル・ノイアー
DF:フィリップ・ラーム、ジョシュア・キミッヒ、ダヴィド・アラバ、フアン・ベルナト
MF:シャビ・アロンソ、アリエン・ロッベン、トーマス・ミュラー、チアゴ・アルカンタラ、ドゥグラス・コスタ
FW:ロベルト・レヴァンドフスキ

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る