EURO2016特集|UEFA欧州選手権
2016.03.03

マインツが金星…バイエルン、ホーム公式戦連勝記録が17でストップ

マインツ
終盤の勝ち越しゴールを喜ぶマインツの選手たち [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第24節が2日に行われ、バイエルンと日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツが対戦した。

 3連勝中で首位を快走するバイエルンがホームに5位マインツを迎えての一戦。バイエルンは前節から4名を入れ替え、DFメディ・ベナティア、MFチアゴ・アルカンタラ、MFアルトゥーロ・ビダル、MFフランク・リベリーらが先発起用された。一方のマインツは3名を変更し、MFアレクサンダー・ハック、MFガエトン・ブスマン、FWクリスティアン・クレメンスを起用。負傷離脱中の武藤はメンバー外となっている。

 13分、バイエルンは左サイドのリベリーがマイナス方向に折り返すと、エリア手前中央のビダルが右足ダイレクトでボレー。このシュートは枠の左隅を捉えたが、GKロリス・カリウスが好セーブで凌いだ。

 すると26分、マインツがカウンターから先制点を奪う。自陣からのロングボールで右サイドの裏に抜けだしたゴンサロ・ハラがエリア内右まで持ち運び、グラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだユヌス・マッリには合わなかったが、ファーサイドでフリーとなっていたハイロ・サンペリオが右足ダイレクトでゴール左隅に蹴り込んだ。

 反撃に出るバイエルンは64分、エリア手前左でパスを受けたアリエン・ロッベンがワントラップから左足を一閃。低い弾道のシュートがゴール右下に決まり、試合は振り出しに戻った。

 ここから逆転を目指したバイエルンだったが、なかなか決定機を作り出せずにいると、終盤の86分にマインツが勝ち越しゴールを奪う。エリア内右でボールを受けたユリアン・バウムガルトリンガーがうまく反転してDFを振り切ると、マイナス方向にパス。これをエリア手前中央のジョン・コルドバが右足でゴール右隅に流し込んだ。

 試合はこのまま2-1で終了。敗れたバイエルンはホーム公式戦連勝記録が「17」でストップ。マインツは連勝を飾り、5位をキープしている。

 次節、バイエルンは5日に敵地で日本代表MF香川真司が所属する2位ドルトムントとの直接対決。マインツは同日にホームでダルムシュタットと対戦する。

【スコア】
バイエルン 1-2 マインツ

【得点者】
0-1 26分 ハイロ・サンペリオ(マインツ)
1-1 64分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
1-2 86分 ジョン・コルドバ(マインツ)

Pickup

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る