2016.02.11

清武、ドルトムント戦出場に暗雲…予定された全体練習復帰を見送り

清武弘嗣
ハノーファーでプレーする清武弘嗣 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ハノーファーに所属する日本代表MF清武弘嗣が、13日に敵地で行われるブンデスリーガ第21節の同MF香川真司が所属するドルトムントとの一戦に出場できない可能性が高まった。11日付のドイツ紙『ビルト』が報じている。

 昨年11月の代表招集中に右第5中足骨を骨折し、負傷離脱が続いている清武。同紙によると、10日にもチーム練習に復帰する予定だったが、合流は見送られ、個人練習のみ行った。

 昨シーズンは敵地でのドルトムント戦でFKを直接決めて決勝ゴールを挙げていたが、今シーズンのドルトムント戦のメンバー入りは厳しい状況になった。

 ハノーファーは現在ブンデスリーガ最下位に沈んでおり、特に清武離脱後は1勝7敗と苦しんでいる。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
29pt
ミラン
29pt
欧州順位をもっと見る