2014.09.14

ダブルシンジがブンデス公式HPのMOMに選出…香川と岡崎を絶賛

ブンデスリーガ
マインツの岡崎慎司(左)とドルトムントの香川真司(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第3節が13日に行われ、ドルトムント所属のMF香川真司とマインツ所属のFW岡崎慎司が、ブンデスリーガ公式HPで各試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

 ドルトムントはホームでフライブルクと対戦。3シーズンぶりの古巣復帰となった香川は先発出場し、1得点を挙げ、3-1の勝利に貢献した。

 ブンデスリーガ公式サイトは「香川真司がドルトムントを勝利に導いた。美しいパスで先制点をアシストし、自ら2点目を決めた。ドルトムント復帰戦で、56パーセントの競り合いを制した。足がつったことは、長時間のプレーを妨げた」と称賛した。

 一方、マインツはアウェーでMF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦。岡崎が2ゴールを挙げる活躍を見せ、3-1で今シーズンのリーグ戦初白星を飾った。岡崎は同試合でブンデスリーガ通算28得点を記録。奥寺康彦氏が持っていた、ブンデスリーガにおける日本人通算得点記録で単独トップに立った。

 岡崎については「27、28ゴール目を決め、ブンデスリーガの日本人最多得点記録を更新した。2本のシュートで2ゴールを挙げ、ストライカーとしてのスキルを再び証明した」と評価している。

 ドルトムントとマインツは、21日に行われるブンデスリーガ第4節で対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る