2015.10.13

スペイン代表100試合出場のセスク、通算4本のPKを全て失敗する

セスク
スペイン代表のセスク(写真は9月のもの) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユーロ2016予選の最終節が行われ、グループCのスペイン代表はウクライナ代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。同試合でPKを蹴ったチェルシー所属の同国代表MFセスク・ファブレガスが、代表で4度目のPKを失敗した。同日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 代表通算100試合目を迎えたセスクは、1-0で迎えた25分にPKを獲得すると、このPKを自ら蹴った。しかし、ゴール右上を狙ったシュートはGKアンドリー・ピアトフに防がれてしまい、追加点を奪うことができなかった。

 代表でのセスクはこれまでもPKを苦手としていて、チリ代表戦(一度止められるも自ら押し込んで得点)、フランス代表戦、エルサルバドル代表戦、ウクライナ戦と4回連続で失敗している。

 なお、同紙によるとスペイン代表でもっともPKを外しているのはFWダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ)で、14本中5本を失敗している。4本中4本のセスク2番目となり、フアン・セニョール氏が5本中3本、フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)が8本中3本、エミリオ・ブトラゲーニョ氏とラウール・ゴンサレス(ニューヨーク・コスモス)が5本中2本で続いている。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る