FOLLOW US

香川真司、スペイン挑戦はわずか1年で幕? サラゴサとは契約解除か

香川真司が1年でサラゴサ退団か [写真]=Icon Sport via Getty Images

 レアル・サラゴサに所属しているMF香川真司が、今夏に同クラブを退団するかもしれない。アラゴン州の地元メディア『アラゴン・デポルテ』が29日に報じている。

 香川は昨年夏にドルトムントからサラゴサへ加入。日本だけでなく現地でも多くのメディアに取り上げられるなど注目を集める存在であった。2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラ2部では31試合に出場し4ゴールを挙げたものの、チームは3位フィニッシュで自動昇格を逃した。その後行われた昇格プレーオフではエルチェに敗れ、1部昇格を実現することはできなかった。

 来シーズンも2部で戦うことが決まったサラゴサは、香川との契約解除に向けて動き出しているという。現行契約は2021年夏まで残っているものの、クラブは香川の高額な年俸が負担となっている模様だ。香川にとっても契約を解除したほうが新天地との交渉を進めやすいと考えていることから、双方合意のもと契約を解除する方向で話を進めているようだ。

 なお、『エル・デスマルケ』サラゴサ版によると、香川の新天地候補としてカタールやサウジアラビアのクラブが名乗りを上げているという。また、かつてプレーしたトルコ方面からの関心も報じられた。

 サラゴサ加入前にはスペインへの憧れを公言しており、夢の舞台で挑戦を続けてきた香川。果たして、同選手のスペインでの旅は1年で幕を閉じることとなるのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA