2019.03.01

【クラシコ回顧録/レアル編】大差がついた「エル・クラシコ」……レアルがライバルにサイクルの終焉を突きつける

2日の「エル・クラシコ」を前に、過去の名勝負を振り返ってみよう [写真]=Getty Images
サッカーキング編集部

 世界が注目する一戦「エル・クラシコ」が、2日(日本時間4時45分)に迫っている。リーガ・エスパニョーラ第26節の舞台は、レアル・マドリードの本拠地『サンティアゴ・ベルナベウ』。両雄は勝ち点9差の状態で相まみえる。



 2月27日のコパ・デル・レイ準決勝2nd legでは、バルサが3-0でレアルに勝利。2試合合計スコア4-1でライバルを蹴落とし、同大会の決勝に駒を進めた。3日間でクラシコ2連戦という特異な状況が、2日に行われるリーガクラシコのスパイスとなっていることは間違いない。

 実力伯仲の両チームがプライドを懸けてぶつかり合う「エル・クラシコ」は、得てして接戦になることが多い。だが、過去には大差がついた試合も存在する。

 そこで今回は、レアルが圧倒的な勝利を収めた「エル・クラシコ」を紹介。2日の試合を前に、“伝統の一戦”の凄みを感じておこう。

■2007-08シーズン

2008年5月7日 第36節

レアル・マドリード 4-1 バルセロナ

リーガ連覇に花を添える大勝。レアルは終始バルサを圧倒した [写真]=Getty Images

 シーズン開幕前、レアルは積極的な補強を行っていた。夏の移籍市場でクリストフ・メッツェルダー、ペペ、ガブリエル・エインセ、ヴェスレイ・スナイデル、アリエン・ロッベン、ハビエル・サビオラらを獲得。ベルント・シュスター監督に率いられたチームは、開幕節の「マドリード・ダービー」でアトレティコ・マドリードを2-1で下すと、第2節にして首位に浮上。その後も順位を落とすことなく、シーズンを突っ走る。

新戦力が素早くチームに馴染んだことで、レアルは順調に勝ち星を重ねていった [写真]=Getty Images

 一方、バルサのフランク・ライカールト監督は苦しいチーム運営を強いられていた。攻撃の柱であるサミュエル・エトーが、シーズン開幕前のジョアン・ガンペール杯で負傷。夏の移籍市場で獲得したティエリ・アンリがその穴を埋めるべく奮闘するも、特異なバルサシステムへの適応に苦労する。ロナウジーニョやデコら主力選手のコンデション不良、リオネル・メッシの負傷も、ライカールトにとっては悩みの種だった。シーズンの大半は2位をキープしたものの、首位レアルとの勝ち点差は徐々に広がっていった。

バルサを“暗黒時代”から救い出したロナウジーニョだったが、徐々にプレーの精彩を欠くようになった [写真]=Getty Images

 第35節のオサスナ戦を2-1でものにしたレアルは、2006-07シーズンに続いてリーガ連覇を成し遂げた。レアルがタイトルを手にしたため、オサスナ戦の3日後に控える「エル・クラシコ」に懸かっているものは“名誉”のみ。しかし、宿命のライバルを相手に、王者レアルが気を抜くことはなかった。

 バルサの選手たちがパシージョ(花道)を作るなか、優勝を決めたレアルの選手たちがピッチに入場する。そしてキックオフするや否や、レアルは一気にバルサを押し込んでいった。

パシージョ(花道)を作ってレアルの選手たちを迎えるバルサイレブン [写真]=Getty Images

 12分には、早くもレアルが先制点を手にする。ラウール・ゴンサレスがミドルレンジから左足を振り抜き、ネットを揺らした。攻勢を強めるレアルは、20分に追加点をゲット。グティがフリーキックを蹴ると、これをロッベンが頭で合わせた。

 動きにちぐはぐさが目立つバルサは、レアルの波状攻撃を押しとどめることができない。攻撃に転じてもパスがつながらず、危険なボールの奪われ方をしてはカウンターを浴び続けた。

 ハーフタイムが明け、バルサの状況はさらに悪化していた。後半あたまから投入されていたシルビーニョが負傷退場すると、代わって入ったエジミウソンも試合の流れに乗れない。すると64分、レアルに決定的な3点目が生まれる。マアマドゥ・ディアッラのパスを受けたゴンサロ・イグアインが冷静にシュートを決めた。

 79分にはルート・ファン・ニステルローイがペナルティキックを成功させ、『サンティアゴ・ベルナベウ』のボルテージは最高潮に達する。バルサは試合終了間際にアンリがゴールを決めるも、まさに「焼け石に水」だった。

チームとしての出来の差は、あまりに大きかった。若きメッシも輝きを放つことはできず [写真]=Getty Images

 4-1。試合終了の笛が鳴った瞬間、レアルにとっては歓喜の、バルサにとっては屈辱のスコアが電光掲示板に表示されていた。ライカールトの手腕とロナウジーニョの魔法によって一時代を築いたバルサは、「エル・クラシコ」という唯一無二の舞台で、サイクルの終焉を突きつけられたのだった。

文=松本武水
写真=Getty Images

【クラシコ回顧録】のバックナンバー

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
86pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る