サッカーゲームキングジャック6月号
2015.12.07

レアル揶揄のピケにグティ氏が反撃「バルサ、1ポイントおめでとう」

グティ
レアルOBの元スペイン代表MFグティ氏 [写真]=ChinaFotoPress via Getty Images
リーガ・エスパニョーラを放送中

 先日、レアル・マドリードを揶揄するかのようメッセージを残したバルセロナ所属のスペイン代表DFジェラール・ピケが、その宿敵の名物OBから反撃を食らった。

 ピケは現地2日、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦ファーストレグでセグンダB(3部)のカディスと対戦したレアル・マドリードが、試合には3-1で勝利したものの、出場停止のロシア代表MFデニス・チェリシェフを誤って起用すると、“嬉し泣き”と“号泣”の絵文字を並べただけのメッセージを自身のツイッターに残した。

 これはもちろん、大会規定違反により初戦敗退が濃厚となったレアル・マドリードをからかう意図で行ったと見られている。だが、得意気にブラックユーモアを見せたピケが、今度は逆にレアル・マドリードの名物OBの一人である元スペイン代表MFのグティ氏から、同様の手口で反撃を食らった。

 グティ氏は5日、リーガ・エスパニョーラ第14節でバレンシアとアウェーで対戦したバルセロナが1点を先制しながら1-1のドローに終わると、「バルサ、1ポイントおめでとう」とのコメントに続き“美味しい顔”“嬉し泣き”“号泣”“グッドサイン”の絵文字を並べたメッセージを自身のツイッターに残した。

 ピケは、このグティ氏のメッセージに反応する変わりに、セビージャ相手にアウェーで2点を先制しながら2-2のドローに終わった昨シーズン第31節を引き合いに出し、「僕には昨シーズンのサンチェス・ピスフアンでの試合後と同じ感触がある。残念な引き分けだったが、今シーズンも優勝できると確信している」との強気のコメントを自身のツイッターに残している。とはいえ、自身の行動が墓穴を掘る形となったことは間違いないだろう。

欧州順位ランキング

レスター
81pt
アーセナル
71pt
トットナム
70pt
欧州順位をもっと見る
Bミュンヘン
88pt
ドルトムント
78pt
レーバークーゼン
60pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
91pt
Rマドリード
90pt
Aマドリード
88pt
欧州順位をもっと見る
ユベントス
91pt
ナポリ
82pt
ローマ
80pt
欧州順位をもっと見る