2015.01.06

プジョルがバルサを退団「外の世界を経験し、クラブに還元したい」

カルラス・プジョル
バルセロナからの退団を発表したカルラス・プジョル [写真]=Getty Images

 今シーズンからバルセロナの強化担当部門を担っていた元スペイン代表DFカルラス・プジョルが、クラブからの退団を発表した。自身の公式Facebookページでコメントを公開している。

 プジョルは強化担当部門に着任した9月からの3カ月半を、「多くのことを学べ、クラブには非常に感謝している」と回顧。この経験が「バルサを退団し、別の角度から他の世界を体験したい」という思いに繋がったことを明かした。

 一方でバルセロナ一筋である彼は、「引退してからも、ファンの存在は非常に身近に感じていた」と言い、「将来的には、マイホームとも言うべきこのクラブに戻って貢献できるよう、個人としてもプロフェッショナルとしても成長したい」と、今後の抱負を述べた。

 バルセロナの下部組織出身であるプジョルは、トップチーム昇格後も移籍を経験することなく、同クラブでプレー。リーグ優勝やチャンピオンズリーグ制覇をキャプテンとして経験したほか、ワールドカップやユーロで頂点に立つなど、スペイン代表としても活躍した。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る