FOLLOW US

ソン・フンミン効果がハンパない!…韓国では5人に1人がトッテナムを応援?

4日のマンU戦でも2ゴールを挙げたソン [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミンは、母国において絶大な人気を誇っているようだ。15日、大手通信社『ロイター』が、スポーツファン心理を調べる大手プラットフォーム『Nielsen Fan Insights』の調査を元に伝えている。

 調査によると、ソンが2015年夏にレヴァークーゼンからトッテナムに加入して以降、韓国内における“スパーズ”の知名度と人気は急上昇。ソンの顔がTVコマーシャルなどを通じて日常に遍在するようになり、トッテナムはライバルのアーセナルやチェルシーだけでなく、レアル・マドリードやバルセロナをも上回る存在になったという。

 2018年後半からは、元韓国代表MFパク・チソン氏もかつてプレーしていたマンチェスター・Uを超え、トッテナムが韓国における人気No.1のクラブとして君臨し続けている。韓国の16歳から69歳までを対象に、「最も好きな海外のクラブ」を尋ねた最新の調査では、21.4%がトッテナムと答えた模様。2位のマンチェスター・Uは6.1%だったという。

 現在28歳のソンはトッテナムで公式戦通算235試合に出場しており、92ゴール50アシストをマーク。プレミアリーグでは50ゴール到達や1試合4ゴールなど、アジア人初となる記録を複数樹立している。また、移籍情報サイト『transfermarkt』による市場価値評価は7500万ユーロ(約95億円)と、韓国人選手では断トツの数字だ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA