FOLLOW US

韓国で治療のソンフンミンが帰国後に2週間隔離へ…コロナウイルスの検疫のため

ソンは帰国後2週間の隔離措置がとられる [写真]=Getty Images

 現在負傷の治療のため母国である韓国に帰国しているトッテナムのFWソン・フンミン。今週末にもイングランドに帰国する予定となっているが、コロナウイルスの影響により2週間の検疫を受けなければならないようだ。イギリスメディア『デイリー・メール』が28日に報じている。

 イングランドでは現在、コロナウイルスの影響を受けている国から帰国する人々のために内務省がガイドラインを制定しており、ソンの帰国も例外ではなく2週間の隔離措置が行われる。

 チームは帰国に際して予防措置を講じていたため、基本的にソンがウイルスに感染する心配はない様子。ウイルスに関する懸念がされる中で帰国を許したのは、3年前に同箇所を負傷した経緯があったためだという。同じ医師に同様の治療を受けられるように、ソンが帰国を希望したようだ。封鎖されている地域から離れたソウルに滞在したソンにはウイルスの影響は少ないと考え、帰国を認めらとみられる。

 プレミアリーグで戦う選手の中では極めて稀なケースとしてコロナウイルスの影響を受けているソンだが、4月ごろの復帰を目指してトレーニングに励む予定となっている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA