2017.05.12

【チェルシー戴冠への道】ウェスト・ブロム戦での優勝決定へ…セスクの“創造力”がカギとなる

堅牢なウェスト・ブロム守備陣を攻略するにはセスクのチャンスメーク力が必要となる [写真]=Chelsea FC
サッカー総合情報サイト

 チェルシー・ブルーのユニフォームに栄えるアクセントの赤。「YOKOHAMA TYRES」の頭文字をかたどった「5本の赤ライン」は、横浜ゴムのアイデンティティであり、モノづくりにかける情熱の象徴だ。今年、2017年で創業100周年を迎えた横浜ゴムは、不断の「INNOVATION=革新」によって長く一流のタイヤ・ゴムメーカーとして走り続けてきた。

 創立から112年の歴史を持つチェルシーというクラブ、そして現チームを率いるアントニオ・コンテ監督の信念もまた同じだ。

「イノベーションこそ、成功のカギである」

 コンテは「YOKOHAMA×チェルシーFC」の最新ショートムービーの中でそう語っている。改善し続けること。そのために学び続けること。新しいソリューションやアイデアを常に試していくこと。これらの積み重ねが、栄光に続く轍となるのだ。

 振り返れば、まさにそれを体現してきたのが今シーズンのチェルシーだった。リヴァプール、アーセナルに連敗した9月、コンテ新監督の手腕には早くも疑いの目が向けられた。ところが、自らを「仕立て屋」と表現するイタリアの知将は「3-4-3」というオーダーメイドの服をあつらえて、チームにイノベーションを起こしたのだ。

 10月からのリーグ13連勝で首位固めをしても、コンテはイノベーションをやめなかった。それを示すのが、実はセスク・ファブレガスの存在だ。今シーズンはエンゴロ・カンテとネマニャ・マティッチの働き者コンビに居場所を奪われたが、それでも高いプロ意識を持って練習に励む彼を、コンテはシーズン後半の新たな「ソリューション」として位置づけた。

 対戦相手の多くがチェルシーの特徴を理解した年明け以降、特に格下ほど、自陣に引きこもることでコンテ流の高速カウンターを防ごうとするチームが増えた。そんな相手と対峙したときに、固い守備ブロックをこじ開ける“カギ”こそ、セスクの創造力なのだ。

「イノベーションこそ、成功のカギである」コンテ監督の信念がチェルシーを栄冠に導いた [写真]=Chelsea FC

 今季、プレミアでセスクがピッチに立った時間は1,165分間、実質「13試合分」程度にすぎない。ところが、それでも彼はチーム最多、リーグ全体でも4位の11アシストをマークしている。実に「105分に1アシスト」の計算で、これは目下15アシストのケヴィン・デ・ブライネ(174分)、12アシストのクリスティアン・エリクセン(248分)、ギルフィ・シグルズソン(262分)よりもずっとハイペースだ。チャンスメークの数も90分あたりで「3.7回」。これもデ・ブライネ(3.3回)、エリクセン(3.1回)、メスト・エジル(2.7回)といったライバルチームの名手を上回る優秀な数字を残している。

 シーズンが佳境に入った現在も、サウサンプトン戦、エヴァートン戦、ミドルズブラ戦と直近3試合連続でアシストを決めるなど、セスクが持つ“ここぞのチャンスメーク力”は際立っている。特にミドルズブラを一蹴した前節は、柔らかい浮き球パスでジエゴ・コスタの先制点を演出すると、後半にも技ありのパスでネマニャ・マティッチのダメ押し弾をお膳立て。プレミアリーグ初の通算6度目の二桁アシストを記録するとともにライアン・ギグスに次いで歴代2位につけている通算アシスト数を「106」に伸ばした。

 ウェスト・ブロムウィッチの本拠に乗りこむ12日(金)の一戦も、堅守が売りの敵将トニー・ピューリスは深く構えてチェルシー攻撃陣を待ち受ける策を執るだろう。そうなれば、先発かスーパーサブのどちらかに関わらず、短時間でも確実にパスで違いを作れるセスクが状況を打開するシーンが、必ず訪れるはずだ。

 うまく堅牢なウェスト・ブロム守備陣を攻略できれば、その先に待つのは、2シーズンぶり、プレミアリーグ5度目の優勝である。ともに3試合を残し、2位トッテナムとの勝ち点差は「7」。チェルシーはこの試合で3ポイントを積み上げれば、他会場の結果に関係なく、文句なしでリーグ制覇を決めることができるのだ。

 2015年、東京モーターショーで横浜ゴムのブースにも展示されたあのプレミアリーグ優勝トロフィーが、再びスタンフォード・ブリッジに戻ってくる日はもうすぐそこである。

■YOKOHAMA TYRES × CHELSEA FC

横浜ゴムは『Push the limit』という全5作からなる新ショートムービーシリーズでチェルシーを応援中!

『Push the limit』とは、YOKOHAMAのタイヤ作りのポイントをCHELSEA選手の特徴になぞらえて作った動画で、シーズン終了時までに2週間毎にチェルシー及び横浜ゴムのSNSにて新作を配信予定。ディエゴ・コスタ、ウィリアン、カンテに続き、第4回目はコンテ監督のムービーを配信予定!

詳細はここでチェック!
http://www.y-yokohama.com/chelsea/

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る