2016.04.04

ジェラード、”ルーニー外し”の論調に憤慨「イングランド史上最も偉大」

ジェラード ルーニー
2014年のW杯をともに戦ったジェラード(左)とルーニー(右) [写真]=FIFA via Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 MLS(メジャーリーグ・サッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーする元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが、マンチェスター・U所属のFWウェイン・ルーニーを同国代表から外すべきだという論調を批判した。イギリスメディア『FourFourTwo』が報じている。

 現在マンチェスター・Uで大きなケガに苦しんでいるルーニー。ひざの問題が長引いており、ユーロ2016まで2カ月あまりという状況でまだ復帰できていない。

 先日行われた親善試合ではFWハリー・ケイン(トッテナム)やジェイミー・ヴァーディ(レスター)が活躍したこともあって、イングランドではルーニーを外してもいいのではないかという主張もある。

 しかし、かつてイングランド代表で同選手とともに戦っていたジェラードは、イギリス紙『テレグラフ』のコラムで以下のように書き、ルーニーを追い出そうとするのは間違っていると述べた。

「ウェインがマンチェスター・Uで調子を落としていると言う人々がいる。そして、ウェインもそれを認める最初の一人だろう。しかし、彼はまだトップクラスの国際的なサッカー選手であり、(ユーロ開催地の)フランスで勝者になれる男だ。我々はそこで彼を必要としている。僕はそこにリスペクトの問題があると思っているよ」

「この10年間、ウェインはイングランドのファンを楽しませてきた。そして、最も多く得点をとった男にもなった。『NEXTルーニー』はいつ来るのか? という話があったのも、そう昔のことじゃない。ウェインはまだここで多くのものを提供することができるよ。我々にとってのワールドクラスの選手について話すとすれば、ウェインは何年もの間輝かしい人物の一人だった」

「現在、彼を追い出したいと思っている人々がいる。イングランドの歴史上で最も偉大な選手に対しての忠義はどこに行ってしまったんだ? なぜこれだけ多くの人々が彼を終わらせようとするのだ? このようなことは他の国では見られないだろう。ルーニーはもう重要な役割を担えず、代表から出て行けなどということは言わないでほしい」

「僕がそうだったように、彼はまだ挑戦を楽しんでいる。何かを達成できると証明するためにね。プレッシャーを受けるとき、ベストプレーヤーはむしろ奮起するものだ」

「ジェイミー・ヴァーディはチームに入れておくべきだね。彼はこの2試合で自分自身を証明した。彼のスピードは大きな得物だよ。ハリー・ケインもそこにいるべきだ。そして先ほど言ったように、ルーニーはキャプテンとして残らなければならない。そこに議論の余地はない。ほかの者にもまだやるべき仕事がある。僕は、ダニエル・スタリッジ(リヴァプール)がケガなく多くのゴールを決めてシーズンを終えるところを見てみたいね」

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング