2016.03.15

岡崎のオーバーヘッド弾が決勝ゴール…首位レスター、ニューカッスル下し2連勝

岡崎慎司
ニューカッスル戦で決勝ゴールを挙げた岡崎慎司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第30節が14日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとニューカッスルが対戦した。

 首位を走るレスターは、すでに今節を終えた2位トッテナムが勝利したため、勝ち点差「2」に詰め寄られた。プレッシャーがかかるが、ホームゲームでなんとしても白星を挙げたいところだ。岡崎は10試合連続でスタメンに名を連ねている。一方、3連敗中で19位に沈むニューカッスルは、スティーヴ・マクラーレン監督の解任を決定。新指揮官にラファエル・ベニテス監督が就任し、初陣を迎えた。

 試合は25分にレスターのゴールで動く。右サイドで得たFKのこぼれ球をエリア外左のマーク・オルブライトンが拾い、右足でクロスを供給。ファーサイドのジェイミー・ヴァーディが頭で折り返し、中央の岡崎がオーバーヘッドで合わせると、これがゴール左に決まった。岡崎の今シーズン5点目で、レスターがリードを奪った。

 直後の28分にはカウンターを仕掛けると、オルブライトンがエリア外ゴール正面から右足で狙ったが、ここは枠を捉えられず、前半は1-0で折り返す。

 後半に入り追加点を狙うレスターは、65分に岡崎を下げてジェフ・シュルップを投入したが、なかなかチャンスを作ることができない。対するニューカッスルは、同点ゴールを目指して終盤に攻め込むシーンを作ったが、最後までゴールを割ることはできず、試合はこのままタイムアップを迎えた。

 勝ったレスターはこれで2連勝。2位トッテナムとの勝ち点差「5」をキープしている。一方、ニューカッスルはベニテス新監督の初陣を勝利で飾ることはできず、4連敗となった。なお、岡崎は65分まで出場し、1ゴールを記録した。

 次節、レスターは19日に敵地でクリスタル・パレスと、ニューカッスルは20日にホームでサンダーランドと対戦する。

【スコア】
レスター 1-0 ニューカッスル

【得点者】
1-0 25分 岡崎慎司(レスター)

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る