2015.12.26

“ジェラード・ロス”を認めるクロップ監督「穴を埋めなければ」

ジェラード
練習に参加したジェラード(左)と話すクロップ監督(右)[写真]=Liverpool FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、昨シーズン限りで同クラブを退団した元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードの穴を埋めことができていないと明かした。同監督にインタビューを行ったイギリスメディア『スカイスポーツ』が25日に伝えた。

 ジェラードは9歳から下部組織に加入し、トップチームで17年間プレーしたリヴァプールを昨シーズン終了後に退団。キャプテンとして11年間チームをけん引した同選手が抜けた大きな穴を、10月から指揮を執るクロップ監督も感じているという。

「選手たちはジェラードが抜けた穴を埋めなければならない。大きな仕事だよ。彼らは取り組んでいるが、まだまだ若い。言い訳ではなく、私は状況を説明しているんだ。私たちが向き合っている問題だよ」

 夏からMLS(メジャーリーグサッカー)のロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするジェラードは、オフシーズン中に帰国してリヴァプールの練習にも参加している。同リーグは3月に新シーズン開幕を迎えるため、短期間のレンタル移籍でリヴァプールに加入することが期待されていたが、クロップ監督は「(ジェラードと)たくさんのことを話し合ったよ。だが、公表することではない。私は楽観的な人間だが、彼には契約がある。間違いなくレンタル移籍の可能性はない。もしできるならやっていたよ」と同選手の復帰を否定した。

 リヴァプールは26日に行われるプレミアリーグ第18節で、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターをホームに迎える。

欧州順位ランキング

チェルシー
34pt
アーセナル
31pt
リヴァプール
30pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
バイエルン
30pt
ヘルタ・ベルリン
27pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
34pt
バルセロナ
28pt
セビージャ
27pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
36pt
ローマ
32pt
ミラン
32pt
欧州順位をもっと見る