2015.11.28

マンCがメッシ獲得に意欲…週給約1億5000万円の条件を用意か

バルサFWメッシ(左)とバイエルンのグアルディオラ監督 [写真]=Getty Images, Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの獲得と、バイエルンを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督の招へいを視野に入れているようだ。イギリス紙の『サン』や『インデペンデント』など複数メディアが27日付で報じた。

 英会話を始めるなど、来夏でのプレミアリーグ行きが話題となっている28歳のメッシ。同選手は現在バルセロナから週給50万ポンド(約9200万円)をもらっているが、マンチェスター・Cはメッシに週給80万ポンド(約1億4800万円)、年棒4000万ポンド(約73億8600万円)を支払う用意があるという。

『サン』紙は、来夏の移籍に向けて、メッシの代理人とマンチェスター・Cが初めて話し合いを行ったと報道。同選手の契約解除金は2億5000万ポンド(約462億円)に上るが、マンチェスター・Cは現実的な移籍金額として1億2000万ポンド(約222億円)を掲示しているという。7月に欧州サッカー連盟(UEFA)からのファイナンシャル・フェアプレーの制裁が解除された同クラブは、高額な年棒や移籍金などを支払う資金があると目されている。

 また、マンチェスター・Cはメッシの恩師であるグアルディオラ監督を来夏にバイエルンから引き抜くことも考えているようだ。グアルディオラ監督の契約は今シーズンの終わりまでとなっており、バイエルン側は契約延長を望んでいるものの、交渉は難航している模様。

 招へいに熱心なマンチェスター・Cはグアルディオラ監督に世界最高額の給料を支払う準備をしている一方で、アーセナルやチェルシーなどプレミアリーグの複数クラブも同監督の招へいに興味を示しているという。

欧州順位ランキング

チェルシー
78pt
トッテナム
74pt
リヴァプール
66pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ライプツィヒ
62pt
ドルトムント
56pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
78pt
レアル・マドリード
78pt
アトレティコ・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ローマ
75pt
ナポリ
71pt
欧州順位をもっと見る