2015.10.10

エスカレートするV・バルデスへの冷遇…ロッカールーム入室も禁止される

マンチェスター・Uに所属するビクトル・バルデス [写真]=Man Utd via Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 マンチェスター・Uに所属する元スペイン代表GKビクトル・バルデスが、ドレッシングルームに入ることを禁止されていることが判明した。8日付のイギリス紙『ガーディアン』が報じている。

 昨年、バルセロナとの契約が満了となって退団し、無所属の期間を経て今年1月にマンチェスター・Uへの加入が決まったV・バルデス。しかし、それから出番はあまり与えられず、今夏はU-21チームでの練習を拒否したとしてルイ・ファン・ハール監督に名指しで批判された(V・バルデスは事実関係を否定している)。

 そのため、今夏の移籍は確実だと報じられていたものの、最終的にはマンチェスター・Uへの残留を決めた。ファン・ハール監督とは和解したとも考えられる決断であったが、今回の記事によればその亀裂はさらに深まっているようだ。

 V・バルデスは現在トップチームのドレッシングルームに入ることを許可されていないばかりか、今度はU-21での練習すらも禁止されているという。トップチームの練習が午前中に行われる場合であれば、V・バルデスは「午後のみ部屋に入ることを許される」ような状況となっており、意図的にトップチームから「隔離」されているとのことだ。

 同じマンチェスター・Uでプレーしているフアン・マタは、今週初めのラジオ番組で「この件については話したくはないが、残念だ」と話しており、少なくとも未だに両者の確執が続いていることは確かなようだ。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る