2015.08.17

岡崎、プレミア初得点で一躍脚光…英紙「世界得点王に輝いたこともある」

岡崎慎司
待望のプレミア初ゴールを決めた岡崎(右)[写真]=Getty Images

 プレミアリーグ2試合目にして、日本代表FW岡崎慎司がネットを揺らした。

 15日にプレミアリーグ第2節が行われ、レスターはウェストハムと対戦。2トップの一角で先発出場した岡崎は、この日も攻守に渡って走り回った。そして27分、岡崎が右足アウトサイドでボレーシュートを放つと、一度は相手GKに防がれたが、こぼれ球を頭で押し込んでプレミア初ゴールを記録。チームに貴重な先制点をもたらした。

 ゴール後にはチームメイトから祝福を受け、クラウディオ・ラニエリ監督も「シンジがゴールしたことは驚きではない。彼はペナルティエリア内でやるべきことが分かっている。あのゴールは、まさにシンジのゴールだ。素晴らしいよ」と称賛していた。

 イギリス紙『デイリーメール』は、「世界得点王に輝いたこともある岡崎慎司」と取り上げた。

 レスターは今夏、マインツから14億円で岡崎を獲得。同紙は「確かに大金だが、根拠のある賭けだ。彼は自分なりのスタイルを持っている。ブンデスリーガで結果を残しているが、プレミアリーグは別物だと考えると、ファンは期待し過ぎないほうがいいだろう。ただ、岡崎はそれなりの結果を残せるはずだ」と14億円の価値がある選手だと認めた。

 岡崎のプレースタイルについては「身長を考えると、ゴール前でターゲットにはなれないだろう。サポートがなければ、ディフェンダーの餌食になるかもしれない」と指摘しながらも、「ウェストハム戦で、特に前半は守備と中盤の間にできたスペースを謳歌していた。また、ボールを持っていないときの動きで相手のディフェンスをかく乱していた。スピードやパワーを求めるなら、岡崎はそのタイプではないが、ペナルティエリア内で相手を翻弄できる選手だ」と紹介している。

 また、岡崎の決定力を裏付けるために「岡崎は2009年の代表戦で15ゴールを挙げ、世界得点王になっている。93試合出場43ゴールは日本代表歴代3位の記録だ」と日本代表での成績を引き合いに出し、献身的なプレーには「守備でも確実に貢献できる」と太鼓判を押した。

 肝心のレギュラー定着の行方については「まだ分からない」と言明。マインツ時代の1トップとは異なり、周囲との連係がより求められるが、「ウェストハム戦で見せたように、攻撃の全ポジションでプレーできるのは有利に働くだろう。左サイドのジェイミー・ヴァーディとも息の合ったところを見せていた」と一定の評価を下している。

 岡崎のプレミアリーグ挑戦は始まったばかり。レギュラー定着に向けて前進したものの、コンスタントに得点を重ねられるかが重要だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
33pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る