2015.08.11

セスクがスピード違反で逮捕…制限を約100キロ超過疑惑も無罪を主張

セスク
チェルシーでプレーするセスク [写真]=AMA/Getty Images

 チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスが、スピード違反の疑惑で逮捕されていたことが明らかになった。11日、イギリスメディア『ゲット・ウェスト・ロンドン』が報じている。

 違反を起こしたとされているのは今年の1月15日のこと。愛車のアストンマーチンに乗っていたセスクは、時速50マイル(約80キロメートル)制限の道路を時速110マイル(約177キロメートル)で走行したという。

 一方セスクの弁護士は、当時同選手が運転していたことは認めているものの自動速度違反取締装置に技術的な問題があったと指摘し、11日には裁判所で無罪を主張した。

 なお、セスクの裁判は10月9日に開かれる予定となっていると、同メディアは伝えている。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
39pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る