2014.08.23

ファン・ハール監督が香川とクレバリーの売却準備完了か…英紙報道

マンチェンスター・Uのファン・ハール監督(上)、香川(左下)、クレバリー(右下) [写真]=Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uのルイス・ファン・ハール監督が、今夏の移籍期限日の9月1日までに香川とMFトム・クレバリーの放出準備を固めている事が明らかとなった。22日のイギリス紙『イブニンング・スタンダード』が報じた。

 同紙によると、香川とクレバリーはファン・ハール監督から起用の優先順位を低く設定されており、香川に至っては同じトップ下をこなす選手として、スペイン代表MFフアン・マタ、イングランド代表FWウェイン・ルーニー、ベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイらに次ぐ4番手の選手とみなされているという。

 香川は昨シーズン、デイヴィッド・モイーズ前監督体制で4-2-3-1の 左MFとして起用されることが多かったが、新体制の布陣は左MFが サイドバックの役目を兼任しなければならないため、守備力の低い香川は同ポジションでは構想外となっている。

 このほか、ファン・ハール監督はイングランド代表FWダニー・ウェルベックを放出する構えも見せていると報じられており、同日の会見で同監督は「我々は全ての選手に敬意を払っているし、このクラブでプレーしている選手が間違っているとは言い難い。我々は最初の2週間とその後の2週間で数多くの選手たちと話し合ってきた。我々は順序立てながら、正しい判断をしている」と語った。

 マンチェスター・Uは、23日に行われるプレミアリーグ第2節でサンダーランドと対戦する。

欧州順位ランキング

チェルシー
69pt
トッテナム
59pt
マンチェスター・C
57pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
62pt
ライプツィヒ
49pt
ドルトムント
46pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
65pt
バルセロナ
63pt
セビージャ
57pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
73pt
ローマ
65pt
ナポリ
63pt
欧州順位をもっと見る