2014.03.09

マンU指揮官、香川の出番増を示唆「今よりもっと出場機会を得る」

香川真司
WBA戦でムルンブ(左)と競り合う香川(右) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第29節が8日に行われ、WBA(ウェスト・ブロムウィッチ)と日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・Uが対戦。マンチェスター・Uは、フィル・ジョーンズ、ウェイン・ルーニー、ダニー・ウェルベックの得点で3-0と勝利した。

 試合後、マンチェスター・Uを率いるデイヴィッド・モイーズ監督が、76分から途中出場した香川について言及。クラブ公式ツイッターが伝えた。

 モイーズ監督は、「アドナン(ヤヌザイ)、(フアン)マタとポジションを争っているが、シンジは今よりもシーズン終了までに多くの出場機会を得るだろう」とコメント。今後の出場機会増を示唆した。

 香川は今シーズン、リーグ戦28試合を終えて先発出場7試合、途中出場3試合の出場機会に留まっている。

欧州順位ランキング

チェルシー
52pt
トッテナム
45pt
リヴァプール
45pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
39pt
ライプツィヒ
36pt
ヘルタ・ベルリン
30pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
40pt
セビージャ
39pt
バルセロナ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
45pt
ローマ
44pt
ナポリ
41pt
欧州順位をもっと見る