FOLLOW US

チャンピオンズリーグ準決勝・決勝、開催地変更の場合はフランクフルトが名乗り?

フランクフルトの本拠地、コンメルツバンク・アレーナ [写真]=Getty Images

 ドイツ、ポルトガル、ロシアが今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝と決勝の代替開催地として立候補を検討しており、ドイツではフランクフルトが開催地として名乗りをあげ、街も積極的に検討しているとドイツ紙『ビルト』が報じている。

 CL決勝は本来、5月30日にイスタンブールで開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受け状況が大きく変化。決勝戦の日程が8月まで延期される見込みとなった上、準決勝と決勝の集中開催や、イスタンブール以外の都市での開催案が浮上している。最終的には6月17日に決定されるようだ。

 ブンデスリーガのクラブでCL決勝トーナメントに残っているのはバイエルンとライプツィヒの2チーム。ライプツィヒはすでに準々決勝進出を決め、バイエルンはベスト16第1戦でチェルシーにアウェーで3-0と勝利している。

 なお、2022年のCL決勝はバイエルンのホームスタジアムであるアリアンツ・アレーナで行われることが決まっている。

チャンピオンズリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA