2019.10.03

南野拓実が王者相手に躍動!CL初得点&アシストで圧巻同点劇導くも…リヴァプールに惜敗

南野拓実
南野拓実が欧州王者のホームで1ゴール1アシストの活躍 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が2日に行われ、リヴァプールと、日本代表FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルクが対戦した。南野は右MFで先発出場、奥川はベンチスタートとなった。


 試合は開始3分、南野がペナルティエリア前から右足でこの試合のファーストシュートでいきなり相手ゴールを脅かす。しかし先制したのはホームの欧州王者リヴァプール。9分、古巣対決のサディオ・マネがロベルト・フィルミーノとのワンツーでエリア左に抜け出し、右足シュートを沈めて先制点を挙げた。

 攻勢を続けるリヴァプールは25分、トレント・アレクサンダー・アーノルドが右サイドから折り返し、攻め上がっていたアンドリュー・ロバートソンが合わせて追加点。2点ビハインドとなったザルツブルクは31分、南野がエリア左に抜け出して左足を振り抜いたが、シュートはGKアドリアンにセーブされた。

 リヴァプールは36分、マネのクロスにフィルミーノが頭で合わせると、GKにセーブされだが、こぼれ球をモハメド・サラーが押し込んで3点目。一方のザルツブルクは39分、エリア左へ進入したファン・ヒチャンが、キックフェイントでフィルジル・ファン・ダイクをかわし、右足シュートを叩き込んで1点を返した。

 2点ビハインドで折り返したザルツブルクは56分、左サイドのファン・ヒチャンがクロスを送ると、エリア右フリーの南野が右足ボレーシュートをゴール左隅に叩き込み、1点差に迫る。南野はCL初得点で今シーズン公式戦6点目となった。60分にはエリア右の南野が中央へ折り返すと、フリーのアーリング・ハーランドが合わせてゴール。勢いづくザルツブルクが南野の1ゴール1アシストで同点に追いついた。

 しかしリヴァプールは69分、ファビーニョの浮き球パスをフィルミーノが頭でつなぐと、エリア中央に抜けたサラーが左足で蹴り込んで再びリードを奪った。再びビハインドとなったザルツブルクは71分、ドミニク・ショボスライを下げて奥川を投入する。76分には奥川がエリア手前から狙うが、シュートはGKにセーブされた。

 試合はこのまま終了し、リヴァプールが打ち合いを制して今シーズンCL初白星を飾り、1勝1敗となった。王者に惜敗したザルツブルクも同じく1勝1敗戦。なお、南野はフル出場で1ゴール1アシストを記録し、奥川は71分からプレーした。

 次節、リヴァプールは23日にアウェイでFW伊東純也が所属するヘンクと、ザルツブルクは同日にホームでナポリと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 4-3 ザルツブルク

【得点者】
1-0 9分 サディオ・マネ(リヴァプール)
2-0 25分 アンドリュー・ロバートソン(リヴァプール)
3-0 36分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-1 39分 ファン・ヒチャン(ザルツブルク)
3-2 56分 南野拓実(ザルツブルク)
3-3 60分 アーリング・ハーランド(ザルツブルク)
4-3 69分 モハメド・サラー(リヴァプール)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング