2016.05.29

CL決勝で“2戦連続”ゴール…レアル主将S・ラモス、MVPに選出

セルヒオ・ラモス
ビッグイヤーにキスをするセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チャンピオンズリーグ決勝が28日に行われ、レアル・マドリードがPK戦の末にアトレティコ・マドリードを破り、2年ぶり11回目の優勝を果たした。


 決勝の最優秀選手(MVP)にはレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが選出された。クラブの公式HPが伝えている。

 S・ラモスは15分にセットプレーから先制ゴールを記録。PK戦では4人目のキッカーを務めて成功させた。なお同選手は2013-14シーズンの決勝でも後半アディショナルタイムに同点ゴールを決めており、“2試合連続”で貴重な得点を記録した。

 S・ラモスは「タフなシーズンの最後に、自分たちは歴史を作るチャンスを得ることができた。浮き沈みのある厳しいシーズンだったけど、このタイトルはご褒美のようなものだ。自分たちがやってきたこと、犠牲心を持って行ってきた仕事が報われたと思う」と喜びのコメントを寄せている。

この試合の他の記事

2016年5月28日 UEFAチャンピオンズリーグ決勝 【スコア】 レアル・マドリード 1-1(PK5-3) アトレティコ・マドリード 【会場】 ジュゼッペ・メアッツァ(ミラノ) 【得点者】 1-0 15分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード) 1-1 79分 ヤニック・フェレイラ・カラスコ(アトレティコ・マドリード) 映像:スカパー!

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
37pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング