2019.12.03

米国代表MFラピノーが女子バロンドールを受賞…個人3冠を達成

ミーガン・ラピノー
2代目女子バロンドールに輝いたラピノー [写真]=FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は12月2日、2019年の女子バロンドールを発表し、レインFCに所属するアメリカ代表MFミーガン・ラピノーが初受賞を果たした。

 現在34歳のラピノーはこれまでに3度のFIFA女子ワールドカップに出場。今年6月から7月にかけて行われたFIFA 女子ワールドカップ フランス 2019ではアメリカ代表の大会連覇の原動力となっただけでなく、ゴールデンボール(大会最優秀選手賞)とゴールデンブーツ(大会得点王)をW受賞した。今年度の「FIFA最優秀選手賞」も受賞しており、ラピノーはバロンドール、W杯におけるゴールデンボールとあわせて主要国際個人タイトルの3冠を達成した。

 『フランス・フットボール』は昨年から最優秀選手賞「バロンドール」の女子部門を創設。初代女子バロンドールにはリヨンに所属するノルウェー代表FWアーダ・ヘーゲルベルグが輝いていた。

 なお、ラピノーに次ぐ2位にはリヨンに所属するイングランド代表DFルーシー・ブロンズ、3位はオーランド・プライドに所属するアメリカ代表FWアレックス・モーガンが選ばれている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング