2016.01.27

人気ゲーム『WCCF』最新作に中村静香、脊山麻理子らが秘書で登場「憧れの存在」

wccf
WCCFのイベントに登場した中村静香さん(中央左)ら [写真]=野口岳彦
サッカー総合情報サイト

 株式会社セガ・インタラクティブは27日、都内で人気サッカーゲームの最新作『WORLD CLUB Champion Football 2015-2016』の稼働を記念して、イベントを実施した。

 翌28日より稼働となる『WCCF 2015-2016』ではゲーム内でユーザーをサポートする秘書機能がパワーアップ。イベントにはゲーム内で秘書役を務めている中村静香さん、加藤未央さん、KONANさん、脊山麻理子さんが登場し、実機でのプレーや秘書シチュエーション対決を行った。

「秘書は女性の憧れの存在でもあるので。光栄で嬉しいです」と起用された感想を話した中村さんが代表してゲームをプレー。中村静香“監督”として臨んだ試合では、今作でレアカードカテゴリー『History Of Legends』として排出される元イタリア代表FWロベルト・バッジョが2得点を挙げる活躍で見事に勝利し、「アドレナリンがすごいです!」と興奮気味に喜んだ。

 サッカー番組の出演がきっかけになり、今ではFリーグの報道官やサッカーメディアの副編集長になるまでとなった加藤さんは「サッカーの現場は男性が多く活躍している場所です。その中で秘書という役で自分が参加できることは嬉しいです」と喜び。南葛シューターズの一員としてフットサルプレーヤーとしても活躍するKONANさんも「関西のイケイケの秘書をイメージしています。秘書になることは一生ないと思うので、こういった形で出られるのは嬉しいですね」とコメントした。

 日本テレビのアナウンサー時代には高校サッカーの放送を担当し「本田圭佑選手が(星稜時代に)活躍した年で。その後、世界的な選手になっていくのを母親のような気持ちで応援しています」と話した脊山さんは「個人的に昔付き合っていた人と遊んでいたことがあるので、驚きました」と起用された時の感想を、自身の身を削った(?)エピソードも交えて明かしている。

 イベントの途中ではスペシャルゲストとして、ディエゴ・マラドーナのモノマネをするお笑い芸人・ディエゴさんが登場。4人がそれぞれ秘書になりきって演技をするシチュエーション対決を行い、ディエゴ監督を振り向かせるべく奮闘した。KONANさんは監督に相談を持ち掛ける秘書、加藤さんは落ち込む監督を元気づける秘書、脊山さんは疲れた監督をマッサージで癒す秘書、中村さんは手作りお弁当で監督をサポートする秘書と、それぞれのキャラクターとマッチした演技でディエゴ監督を誘惑。中村さんが見事に監督のハートを射止めた。

 2002年の稼働以来、累計カード出荷枚数が8億5000万枚を超える『WCCF』シリーズの最新作は28日より、全国のアミューズメント施設で稼働開始となる。

Jリーグ順位ランキング

川崎F
13pt
浦和
13pt
横浜FM
11pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
53pt
松本
50pt
C大阪
47pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
39pt
大分
33pt
長野
32pt
Jリーグ順位をもっと見る