2016.01.23

「思い描いていた」豊川の決勝弾…手倉森監督、「ひらめき」の采配的中

手倉森誠
采配的中でベスト4へ導いた手倉森監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準々決勝が22日に行われ、U-23日本代表とU-23イラン代表が対戦。日本が3-0で勝利を収め、ベスト4進出を果たした。試合後、手倉森誠監督が記者会見に臨み、勝利を振り返った。

 手倉森監督は安堵の表情を見せ、「ものすごく疲れました」と第一声。試合中の心境を回想し、「勝って、心地の良い疲れに変わりつつある。試合をしながら、2年前のオマーン大会(U-22)の準々決勝を思い出しながら戦っていた。これは絶対に勝ち急いではいけないと。『持久戦になれば、日本に分が出てくる』と考えながら戦っていた」と、延長戦での決着を見越していたことを明かした。

 そして手倉森監督は、選手たちを称賛した。「前半、攻撃のリズムが出ない中で先発の選手たちは辛抱強く戦ってくれて、交代の選手たちはしっかりと求められた役割をこなしてくれた。1点目を取った豊川(雄太)は、23人中22番目に選んだ選手。今日のような得点を思い描いていた。その通りになってよかった」と言うと、「この勢いをもって、次の試合でリオ行きをしっかりと決めたい。頑張ります」と、26日の準決勝を見据えた。

 グループステージ第3戦から中2日で臨んだ準々決勝。様々な選手起用が考えられる中、手倉森監督はMF南野拓実やMF大島僚太らをベンチに置き、FWオナイウ阿道やMF原川力を先発メンバーに指名した。先発メンバーの人選について問われた手倉森監督は、「今日の先発は、各ポジションでヘディングが強いほうの選手を選んだ。(イランの)高さが怖かった」と選考基準を明かし、「昨日までの準備では、先発が中島(翔哉)ではなく豊川だった。でも、今日の朝に『あまりにも高さを怖がって相手に合わせ過ぎたら、勝ち運にも見放される』と。一瞬のひらめきで変えた。だから朝、豊川には『スタンバイ(交代選手)でいってくれ』という話をした。ゲームがこう着状態になった際、豊川の得点力と先制した後の守備力が効いてくると話した。その通りの役割をやってくれた」と、得点を決めた2選手の起用についてのエピソードを披露した。

 日本は26日に行われる準決勝で、UAEとイラクの勝者と対戦する。オリンピック出場権獲得へ1勝と迫り、手倉森監督は「まずはしっかりと回復しないといけないし、対戦相手のチーム分析をしないといけない。ただ、この勢いがある。それを持続できるような戦い方に持ち込めればいい」と、次戦を見据えていた。

Jリーグ順位ランキング

浦和
31pt
川崎F
28pt
G大阪
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
札幌
73pt
松本
64pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
47pt
大分
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る